昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/07/13

――ちなみにお二人は喧嘩することはないですか。

亜美 喧嘩はほとんどないですね。意見が違うとかはもちろんありますけど、基本、私が由美ちゃんと一緒にいたくてPUFFYを始めたので。そういう気持ち悪い始まりだったので、すごく満足してます、今。

由美 あはは、怖い(笑)。

「自分たちは本当に平凡だなって」

――ところで、お二人は「私たちって人と違うな」と思う部分はありますか。

由美 むしろ、すごい平凡です。考え方も生活も、こういう仕事をしていると変わった方多いなって感じますけど、自分たちは本当に平凡だなって思いますね。

亜美 それに結構真面目だと思います。自分の気持ちで仕事を飛ばしたことはないですし。

亜美さん(デビュー25周年のアニバーサリーライブ)

由美 それはね、社会人として当然だから、というふうに思うんだ。

亜美 ……という風に思うんだけど、そんな人いっぱいいるじゃん(笑)。だから、そういうことはしたことないし、与えられたものはちゃんとやろうと思っています。

――でも、25年も芸能界にいると、言葉は悪いですが“芸能界かぶれ”みたいな、業界に染まるようなところはなかったですか。

ライブ中も失わない“冷静さ”

由美 いや、でも、たぶん調子に乗ってた時代も若い頃はあったと思いますよ。

亜美 萬寿とか飲んじゃったもんね。

由美 そうそう、高級な日本酒とか飲んじゃったりしたよね。でも、そういうのも時が経つと落ち着いてきまして。なんか調子に乗るタイミングがわからないというか。それに、バラエティー番組に出てMCをしても、力不足っていうのが絶対的に跳ね返ってくるので、調子に乗りようがないんですよ。あとは、なんだろう、スタッフのテンションが上がるのを見ると、逆に引いちゃうところもあって(笑)。

亜美 そうそう!(笑)

 

由美 「すごい! 〇〇の件、決まったよ!!」みたいな感じで、鼻息荒くマネージャーさんが言ってくると、物凄い引いちゃうんですよね。そこは落ち着こうよ、となって。誰かが落ち着いてないと、後で痛い目みるんだろうなって思っちゃうんです。

亜美 全員でこの神輿に乗ったらケガするみたいな(笑)。

由美 そう考えると、この25年間で「おっしゃぁ!」みたいになったことって、実はないのかもね。