昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「楽しくないことももちろんあるんです」それでもPUFFYが25年間で一度も“解散”を考えなかったワケ

PUFFYインタビュー#2

2021/07/13

 思いがけない形で芸能界入りし、PUFFYを結成した大貫亜美さんと吉村由美さん。その後もてっきりファーストミニアルバムだけで終わるものだと思いきや、気付けば25年経っていたと二人は語ります。

 また、音楽性の違いやメンバーの結婚を機に、休止や活動停止に至るバンドやデュオも多い中、PUFFYは一度も解散を考えたことはないそう。

PUFFYの大貫亜美さん(左)吉村由美さん(右)

 どんなに華やかな世界にいようと足をすくわれない、二人が決めたルールや物事に対する捉え方とは。そして、なぜか25年間ずっと楽しいことが続いている秘訣とは――。PUFFYの二人に話を聞きました。(全2回の2回目/前編から続く

「辞めたいと思うようなこともなかった」

――デビューから25年を迎えたPUFFYですが、移り変わりが激しいとされる芸能界の中で、長きに渡って活躍している人たちの特徴ってあると思いますか。

大貫亜美さん(以下、亜美) 現場で出会った人たちを見ていると、(奥田)民生さんもそうですが、人間的に良く出来てるなって思う人が多いですね。そうじゃないと、人の心を長く繋ぎ留めておくことは出来ないのかな、と。話をしていても面白いし、常識的だし、出るとこ引くとこ分かっていて、勘違いしてないというか。たまにしてる人いるけどね(笑)。

吉村由美さん(以下、由美) PUFFYに関していうと、環境とか、スタッフにも恵まれていたと思います。自分たちの言葉を拾ってくれて、それを広げてくれる人がたくさんいたり、PUFFYというものを面白がってくれるスタッフがとにかく多かったので、自由にやってこられたのかな、と。たぶん、ワガママもたくさん言ってきたと思うんですけど、25年間で「ダメだ」と止められたことってそんなになくて。

 面白いことが続くから、自分たちも飽きずに、これもやってみたい、あれもやってみたいと……辞めたいと思うような嫌なこともなかったので、25年経っちゃったんですよね(笑)。

デビュー25周年のアニバーサリーライブ

――転職が珍しくない今、芸能界に限らず、一つの会社や業界に25年いること自体、ある意味貴重になってきているかもしれません。お二人の人柄によるところも大きいかと思いますが、ご自身から見て、どの辺りが世間から求められて、今も活動が続けられていると感じますか。

二人で決めた“解散のタイミング”

由美 えー、なんでしょう。たとえば雑誌のランキングとかで、〇〇したいミュージシャンランキングってあるじゃないですか。彼女にしたい、恋人にしたい、みたいな。そこで自分たちはいつも「カラオケに一緒に行きたい人ランキング」に入ってるんですよ。

 どれだけ歳を重ねても、どの人からもPUFFY、PUFFYちゃんって呼ばれる。「亜美ちゃん由美ちゃん」で、「亜美さん由美さん」じゃないポジションなんだと、この歳になってちょっと気づいてきました。

――一方、解散や活動休止もせずに、お二人でここまで続けてくることができた秘訣などはありますか。