昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私にはギャグ漫画を描く才能はないと、だいぶ前に諦めています」 『女の園の星』の和山やまが“半径3メートル以内の笑い”を描くわけ

和山やまさんインタビュー#1

2021/07/16

 宝島社の『このマンガがすごい!2021』オンナ編で、第1位と第5位の2冊同時ランクインという快挙を果たした和山やまさん。第1位に輝いた、初連載となる『女の園の星』(祥伝社)は、女子校を舞台に、担任の男性教師・星先生と生徒たちの日常を描いた作品で、芸能人にも熱烈なファンが多くいるという。端正な絵柄と低いテンションで日常のミクロな事件を愛おしい笑いに変える世界観は、どのように生み出されているのか。作者の和山さんに、話を聞いた。(全2回の1回目/後編を読む)

米津玄師さん、綾野剛さんらがSNSで紹介

――『このマンガがすごい!2021』オンナ編で、『女の園の星』が1位となりました。おめでとうございます。中3男子とヤクザの奇妙な友情を描いた前作、『カラオケ行こ!』も5位にランクインされていますが、今作はどちらかというと男子高生の日常を描いたデビュー作『夢中さ、きみに。』に近い世界が描かれています。先日発売された『女の園の星』2巻は、発売後たちまち重版が決まり、米津玄師さんや綾野剛さんらがSNSで紹介されたことも話題となりました。初連載がここまで注目されるというのは、どのようなお気持ちですか。

©️iStock.com

和山 多くの方が見てくださっていることは、本当にとてもありがたいです。でも一方で、自己評価以上の高い評価を頂いてるなと思うこともあります。というのも私の漫画は自己満足的で万人ウケするものでもないと思っていたので、想像以上に好意的に読んでくださる方が多いことに驚いています。何がウケて、どこが評価されてるのか不透明ではありますが、世間の評価はあまり気にせず今後も自分の好きなものを描いていけたらいいなと思います。

――連載へのプレッシャーもありますか。

和山 そうですね。初めての連載なのでまだまだ不安は大きいです。でも、基本的に1回の話だけで終わってしまう読み切りと違い、「こんなふうにキャラクターを見せていこう」とシナリオを組み立てられる面白さは感じています。キャラクターを掘り下げていく楽しみや、キャラクターを好きになってもらうチャンスも、連載の方が大きいと思います。