昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「売れっ子AV男優・沢木和也」

 その家を手放す時に計算してみたら、毎月家賃を払うよりかは少しマシだったという数字だったんだけど、それと引き換えにしたものが多すぎて「次は絶対にマンションにしよう」と心に決めたね。あの家では子育てなんかしようとは思えなかっただろうな。

 俺の全盛期の頃の年収って2000万円くらいあったんだけど、確定申告だけは毎年キッチリやっていた。俺には外車と家を買うっていう目標があったから、その辺はマジメにやると決めていたんだよ。

 確定申告といえば、AV男優って独特な仕事だから、普通の人では通らないような物も経費で通るんだ。ようはタレント扱いだから「自分のタレントイメージを守るために必要だ」と言えば、大抵のものは経費として認められるの。

 洋服や靴もそれに入るし、服以外の宝石・アクセサリーなどの服飾品すら落ちる。雑誌なんかで、それを身に着けてニッコリ笑ってる写真でもあれば「仕事で使うものです」っていう証拠になるんだ(笑)。

 そういう意味では、高い外車も経費で落とそうと思えば落とせるよ。その車に乗っている「売れっ子AV男優・沢木和也」なんて写真が1枚でもあれば、それを理由に通せる。

 ただし注意点もあって、タレントイメージのために外車を経費で落としたら、それ以外の大衆車を持っていたとしても、そっちは通らない。タレントイメージを理由に経費に上げちゃうと、それ以外の普通は通る物が通らなくなる可能性があるから、そこは前もって何が得なのか勉強しないといけないね。

闘病中の沢木和也氏

 あとこれはAV業界の笑い話なんだけど、この「経費で色々落とせる」という話がAV男優の間で広まった時に、欲をかいて必要以上に経費計上したヤツがいてさ。そいつは税務署に疑われて徹底的に調べ上げられて、結果的に尻の毛までむしり取られたよ。

 誰の話か実名を出そうと思えば出せるけど、かわいそうだから黙っておく(笑)。

 自分の場合はさっきも言った通り家が欲しかったから、決して無茶はしなかった。あんまり赤字申告し過ぎると住宅ローンが通らなくなるから、ほんのいくばくかの金のために危ない橋は渡りたくなかったんだ。

【続きを読む】《伝説のAV男優》「今まで父親のロクな思い出がなかっただろうから…」余命1年の沢木和也が何も知らない息子に残した別れの“言葉”

伝説のAV男優 沢木和也の「終活」~癌で良かった

沢木 和也 ,荒井 禎雄

彩図社

2021年6月29日 発売

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー