昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「もっとも大事なのは僕の元気」草彅剛が語る「徳川慶喜を演じる“秘訣”」

 徳川慶喜がいいですね、とみなさんにおっしゃっていただくのですが、自分ではあまりよくわかっていなくて。でも、いい役どころをいただけてありがたいばかりです。

 とにかく今は、17年ぶりに大河ドラマに出演できて楽しいんです。もちろん緊張感もありますが、いろんな経験をさせていただいています。初めて共演するかたもいらっしゃって、馬に乗ったり豪華な着物を着せていただいたり。大掛かりな舞台でお芝居するのが楽しいです。

 大河ドラマ『青天を衝け』で主人公・渋沢栄一の主君となる徳川慶喜を演じる草彅剛(47)。その流麗な振る舞いと孤高のオーラが慶喜そのもの、と大きな話題を呼んでいる。昨年公開された映画『ミッドナイトスワン』では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞にも輝いた。

草彅剛さん演じる徳川慶喜 ©NHK

「あっ、やばい。小指を相手に見せてはいけないんだ」

 現場では日本舞踊家の橘芳慧先生に所作を指導いただいています。初めて知ることもたくさんあります。たとえば笏(しゃく)という細長い板を持つとき、相手に小指を見せてはいけないんですね。僕はそれを注意散漫に聞いていたんです。本番で歩いているときに「あっ、やばい。小指を相手に見せてはいけないんだ」と慌てて、小指を笏の裏へと少しずつ隠していったんです。最後にカットの声がかかった瞬間、芳慧先生が「あれっ、草彅くん。最初、指が1本多かったんじゃないの?」と指摘されて。「大丈夫です、先生。途中で隠しましたから。誰も気づかないですよ」と答えると、「そんなことないわよ! お尻ペンペンよ!」と叱咤される。毎回、温かく厳しくご指導いただいています(笑)。

 言葉のイントネーションも微妙に難しいんですよ。たとえば抑揚を徐々に下げながら「そなたが」というと、「違います。『(抑揚を上げながら)そなたが』です」って。台詞がうまくいえないときは「しかたがない。違う言い回しに変えよう」ということもあります。