昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《風俗》「連続の時は精力剤飲んだり」「『私、女としてイケる?』と聞かれ…」時給5000円以下の女性用風俗で働く男性(26)の“リアル”

2021/08/06

 近年、女性用風俗の存在は広く認知されはじめた。「女性がココロとカラダを満たす場所」として利用が一般的にも認められつつあると同時に、セラピスト市場も拡大し、店舗が乱立し、しのぎを削っている。AV女優や現役風俗嬢と酒が飲める「SODランド」にもAV男優兼セラピストが出勤するようになる他、女性用風俗で働くキャストが接客する「女風バー」も出現し始めた。

 しかし、市場の拡大とともに価格崩壊、過剰サービス、セラピストからの搾取など根深い問題も露呈してきた。今回は女性用風俗で働くセラピストにスポットライトを当て、彼らのリアルに迫る。

女性用風俗のサービスと客層

 そもそも、女性用風俗のサービス内容とはどのようなものなのか。男性向けの風俗にはメンエス、ピンサロ、ヘルス、ソープと多業種が存在するが、女性用風俗は基本的には「オイルマッサージ+性感マッサージ」の施術がサービス内容となる。メンズエステとヘルスの融合のようなサービス内容で、基本的には本番行為(挿入行為)は禁止されている。店舗によってはデートコースや電話コースも存在し、女性のちょっとした心の隙間を埋められるようなサービスを展開していることが見て取れる。価格は相場として120分で2万~2万5000円程度である。ホテル代や交通費を考えても、3万円あれば足りる価格帯だ。

©iStock.com

 セラピストのバックは4割~6割が基本で、時給換算すると5000円前後となる。男性向け風俗で働く風俗嬢の平均給与はヘルスで60分1万円前後で普通の女の子が来ることを考えると、女性用風俗の平均相場の低さとセラピストのバックの安さが分かるだろう。男性向けの風俗で風俗嬢のバックが5000円の店舗は、いわゆる「激安店」と呼ばれ高齢の女性や指名の入りづらい女性が働いていることが多い。その点、女性用風俗のセラピストは容姿のレベルも比較的高く、平均値が高い割に料金も安いものとなっている。