昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“業界でしか生きてこなかったから感覚がズレていた” 元女優が明かすAV引退後の生活の「リアル」

『AV女優、のち』より #2

2021/07/24

 AV女優の生き様に関する本が多数出版されるなか、女優一人ひとりのライフヒストリーを詳細に紹介した一冊が話題を集めている。

 そのタイトルは『AV女優、のち』(角川新書)。ここではライターの安田理央氏による同書の一部を抜粋。一世を風靡したAV女優、長谷川瞳氏の引退後の生活について紹介する。(全2回の2回目/前編を読む)

◆◆◆

AV女優から風俗嬢へ

 04年に、紋舞らん、三上翔子、美里かすみとの共演作『ぶっとびシンデレラ』(ケイ・エム・プロデュース)を最後に長谷川瞳はAVを引退する。

 その頃、長谷川瞳には久しぶりの彼氏ができていた。

「一応、仕事のことは知っていて、理解はしてもらえていたはずでした。でも、やっぱり撮影の日になると機嫌が悪くなるんですよね。台本に『アナル中出し』っていうのが書いてあったのを見て、彼が激怒したことがあるんです。『オレにもさせないことをおまえは仕事でさせるのか!』って。本当は、撮影そのものは疑似だったんですけどね。でも、わたし自身もちょっとおかしくなっていて、ある日の夕飯のときに自分の初期の作品とかを見せたんですよ。『こんなに頑張っていたんだ』っていうのを知って欲しいがために。でも、彼は凄く怒って箸をバーンって投げて……今考えてみれば、怒るのも当然なんですけどね」

 長いことAV業界でしか生きてこなかったために、自分の感覚がずれていたことに気づかなかったのである。

「友だちもAV関係者しかいないって感じでしたからね。でも、その話をあるスタッフさんにしたら『ハセ、それはあかんで』って注意されました(笑)」

©️iStock.com

 結婚も考えていたが、結局は彼の浮気が原因で別れることとなった。

「一緒に暮らしていたのですが、彼がキャバ嬢と浮気をしていたことが発覚して……。問い詰めたら、泣きながら『悪いけど別れてくれ』って言われました。でも、『これからどうしよう』と思いましたよね。事務所にも、『もう戻りません』って啖呵を切って辞めちゃったし、盛大に引退式もやってもらっちゃったし、そうなるとAV業界には戻れない。じゃあ、もう風俗しかないかなって……」

 普通に一般職で働くという選択肢は考えなかった。

「学歴もないし、一般的な仕事もしたことない。彼氏のキャバクラ遊びが原因で別れたのだから、水商売もしたくない(笑)。じつはわたし、実家に毎月送金していたんです。それが普通の仕事じゃ賄えない金額で……。彼氏はそれなりに稼いでいたので、『結婚したらおまえの家族の面倒も見るよ』って言われていたのですが、それもなくなっちゃった。そうなると、もう風俗しかなかった。なおかつ、稼げるとなるとソープランドだろうと」

 最初は吉原のソープランドで働いた。

「抵抗はめちゃめちゃありましたね。仕方なくやるという感じだったから、今思うとその頃のお客さんには申し訳なかったと感じています。実際に、接客態度もよくなかったと思いますしね。風俗をやっているというのを人に知られるのも、どこかで抵抗がありましたし」