昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“不倫疑惑”への質問にのぶみ氏の回答は…

質問5.のぶみさんは、ある女性タレントと共に2021年5月11日、6月1日に障がいをもった方々を集め、絵を描いたり、動画撮影をする等のイベントをされていたと認識しています。東京五輪、パラリンピックに関連するイベントだと認識しています。事実確認をお願いします。 

質問6.5に関連して、イベント会場は密な状態だったとの声があります。また、緊急事態宣言下での開催だったと把握しています。そういった状況の中で、何故イベントを開催されたのでしょうか? のぶみさんのお考えをお聞かせください。

5.6. イベントの件については、主催者の方々やイベントにご参加の方々のご期待に沿いたいと思い、1度だけ参加しました。感染症予防対策を万全にしてくださっていたことは確かです。これ以上のことについては招いていただいた立場からはお答えすることが難しいです。

質問7.「文春オンライン」ではのぶみさんは、2012年ごろ、復興のボランティアに参加していた、A子さんという自営業の女性の自宅に頻繁に出入りされていたと認識しています。事実確認をお願いします。

質問8.7に関連して、のぶみさんはA子さんと不倫関係にあったと認識しています。事実確認をお願いします。

質問9.のぶみさんは、当時のワークショップのスタッフだった元看護師のB子さんとも不倫されていたと認識しています。事実確認をお願いします。

質問10.のぶみさんは、これまでA子さんや、B子さん以外にもワークショップやボランティアスタッフと肉体関係を持たれたことはありますか? 複数の証言や告発がきています。もし、心当たりがありましたら教えてください。

 ここまでのご質問は僕自身のことですのでできる限り詳細にお答えさせていただきました。しかし、これ以降のご質問は事実と異なっており、妻や子供、これまで手伝ってくださった多くのスタッフやお名前を記してくださった方がたに迷惑を及ぼす可能性も高く様々な誤解や見方をひとつひとつご説明することは難しいと思います。

◆◆◆

 主にネット上で炎上している自身の過去の発言については詳細を述べた。しかし、自身の“不倫疑惑”については「事実と異なる」と否定したものの「様々な誤解や見方をひとつひとつご説明することは難しい」として詳細を明らかにしなかった。

子どもや育児をダシにするのはやめてほしい

 取材班は再びA子さんに話を聞いた。A子さんは改めて当時ののぶみ氏とのメッセージでのやりとりなどを示したうえで、こう述べた。

A子さんとのぶみ氏のメッセージのやりとり

「のぶみさんに伝えたいことはもうありません。ただ、これ以上、子どもや育児をダシにして、自分に都合の良い女性を探すのは止めてほしい。本当にもうそれだけです」

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(25枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー