昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/09/07

早く切り上げたいという気配が伝わってくる

 遮られて頭に血がのぼる。

「じゃあ、どうして2年で情報を送るのをやめたんですか」

「お手紙を差し上げたんです、退会されますか? って。お返事をいただけなかったのでストップしたんです」

「それでも、丸2年も情報を無料で送ってくださってたなんて親切ですね」皮肉を言わずにはいられない。

「いいご縁があったらと思いましてね。お父様、お嬢さんのことも心配しておられましたよ」笑ってしまった。いくらなんでもそんな場所で、娘の話なんかするわけないじゃないか。

「わたしのことが話に出たのに、高いお金を払う前にご家族に相談されたらどうでしょう、って言ってくださらなかったんですか?」

「それは個人の自由ですよね。知られたくない方もいらっしゃるでしょうし」

 このあたりで早く切り上げたいという気配が伝わってくる。

「とにかく、入会金以外のお金はこちらではいただいてないですし、退会された方の情報は消去するのでこのくらいしかお伝え出来ないんです」

「え、情報消去したのに、こんなに覚えていらっしゃったんですか、父のこと」

「お父様、お元気でとお伝えくださいね」

 咳払いとともに電話は切られた。

 少し前に、ツイッターでこんな内容の投稿を見た。

〈自分の身内が詐欺に合ってないか心配なとき「怪しい電話や訪問はなかった?」と尋ねるより「最近、親切にしてくださってる方いる?」と聞いた方がいいそうです。○○の営業の方がよく話し相手になってくれるとか枝を切ってくれた、というのは危険です。母に今度聞いてみよう。〉

 本当に、本当にその通りだ。身にしみて思う。身にしみすぎて、筆者はもう煮びたしのようになっている。

 来週、また実家の片付けに行く。もしかしたらあの家にはまだ、父が人と繋がりたかった証拠が埋まっているかもしれない。

 それを考えると、すこし寂しくて、すこしこわくて、ほんのすこしだけ、わくわくする。

2021年上半期 家族部門 BEST5

1位:「いい歳していい加減にしなさい」親友と縁切ることも…夫37歳、妻62歳の夫婦が歩んだ道のり
https://bunshun.jp/articles/-/47685

2位:菅首相の長男 総務省幹部を違法接待【決定的瞬間をスクープ撮】
https://bunshun.jp/articles/-/47684

3位:「息子がゲイ」であることを知らされて、厳格だった父は……
https://bunshun.jp/articles/-/47683

4位:婚活でNGの理由1位は「会話やLINEがヒドい」…プロが教える“やってはいけない返し”
https://bunshun.jp/articles/-/47649

5位:父が79歳で突然「結婚相談所」に入会。いったいなぜ……娘が気づいた“ある異変”
https://bunshun.jp/articles/-/47648

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z