昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《総額1200万円》「手術の後遺症で顔面麻痺…」「鼻の整形を失敗され、曲がってしまった」整形アイドルが語る知られざる整形のリスク

『整形アイドル轟ちゃん』インタビュー#2

 整形についてYouTubeで発信している整形アイドル轟ちゃん。10年間で1200万円を整形に使った轟さんは、整形後の顔だけでなく、鼻の整形を失敗した時の様子やダウンタイムの様子など全てを動画にしているため、若い世代から絶大な支持を受けている。そんな轟さんに整形について詳しく話を聞いた。(全2回の2回目/前編へ続く)

◆◆◆

失敗してしまった鼻の整形

——いろいろな整形をしている中で、一番辛かった整形ってなんですか?

 辛かったのは、SSROっていう、下あごを後ろに下げる整形ですね。骨を切って、その分後ろに下あごを下げて、しゃくれ気味なのをちょっと抑える手術だったんですけど。歯が固定されていたので、2週間ご飯を食べられなくて、栄養ドリンクとか水とか、具なしのスープを飲んでました。痛みでいうと鼻の時が一番痛かったですね。1回目失敗してしまったし。

SSRO手術を受けた直後の写真

——失敗?

 恐らく固定が甘かったことで鼻が少し曲がってしまったんです。別のクリニックでもう一度手術をして直してもらいましたね。修正に200万円もかかってしまい、整形で借金は膨らみました。ただとても気に入っているパーツですね。

1度目の鼻整形直後の写真 少し曲がっているのがわかる

——失敗するとお金は戻ってくるんですか?

 基本的には戻ってきません。美的センスって人によって違うじゃないですか。正解がないので、結局はその先生との相性になってくるんですよね。技術までは手術してみないとわからないけど、カウンセリングである程度美的センスのすり合わせができるので、カウンセリングがすごく大事なんです。

©末永裕樹/文藝春秋

——そもそも整形についてYouTubeで発信し始めた理由って何だったんですか? 

 私がネットを始めた時って、整形の情報をキャッチする場所が全くなくて。情報交換できる場も少なかったし、整形がまだまだタブーとされていた時代だから、周りにも話せなかったので、交流できる場所とか、みんなが情報交換できるような場所が欲しいなって思って始めました。あとは、単純にダウンタイム中すごく暇で、誰かに話したかったのも大きいですね。