昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

メイク、ヘアセットで6時間

——デデさんは通常メイクにはどのくらい時間がかかるんですか?

デデ メイクだけで最低でも2時間はかかります。ヘアセットや服選びを合わせたら6時間はかかりますね。この間、とあるYouTuberの方とコラボさせていただいたんですけど、11時集合だったので、3時に起きました(笑)。友達と遊ぶ約束しても、時間を逆算して考えています。ランチを食べに行くには、夜明け前に起きないといけないので。どんだけ大変なんだって感じですよね(笑)。ギャルで一番大変なのは早起きしなきゃいけないことなんです。

©平松市聖/文藝春秋

——6時間も! 朝が早いのは大変ですよね。ギャルをするのにはやっぱりお金もかかりますか?

デデ ギャルはいろんな系統の中でもかなりお金がかかっている方だと思います。日サロやエクステ、ヘアカラー、ネイルで毎月何万飛ぶのやら…。とにかく維持費がすごいんです。

 ただ私の場合はすごくケチなので、ネイルは自分でやることで節約していて、お洋服もできるだけ安いものを買っています。海外通販だと結構安く派手な服が売られているんですよ。かわいいも安いもどちらも妥協したくないので、かわいいもので安いものを探す努力はしていますね。そうやって工夫して今の私ができているんだと思います。

——いろんな工夫があるんですね。ありがとうございました。最後に読者に何かメッセージはありますか?

デデ 自分の続けているギャルは、世間の皆様が見たら「汚い」とか「怖い」とかっていう印象を受けると思うし、マイナスのイメージのほうが多いと思うんです。たしかに見た目は人と違うし、目立つんですけど、中身はおとなしい方が多いんです。だから見た目で判断してほしくないなと思っています。

 YouTubeやっていて一番気にかけているのはそこで、どうやったらみなさんに親しみを持ってもらえるかってことを考えています。言葉遣いに気をつけたり、お子さんにも見てもらえるよう身振り手振りなど、動作を加えています。そういうことで世間のギャルに対する偏見をなくしていきたいっていうのが一番の思いです。そして将来的にはギャルの人口を増やしたいです。

 私、ギャル界のヒカキンさんになりたいんですよ(笑)。ヒカキンさんってみんなのお兄さん的なポジションじゃないですか。老若男女皆さんに好かれる感じで。誰にでも受け入れられる人になりたいなと思っています。私がきっかけで「ギャルっていいじゃん」とか「私もなってみたいかも」とか思っていただけるようこれからも頑張ります!

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(18枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z