昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

ベラルーシ五輪代表選手の帰国拒否!羽田空港で起こったセンセーショナルな亡命劇はどうしておこった?

池上さんに聞いてみた。

2021/08/24

Q ベラルーシ五輪選手の亡命…なぜ起こった?

 東京五輪陸上女子のベラルーシ代表のクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手が、8月1日に羽田空港で帰国を拒否し、5日にポーランドへ亡命するという事件が起きました。

「自分を空港まで連れてきた2人組の男はコーチを装っているが、自分のよく知らない人間である」と訴えたとも報じられており、日本の空港を舞台にそうしたセンセーショナルな亡命劇が起こるとは思ってもいなかったので、ニュースを聞いて本当にビックリしたのですが、どうしてこうした事件が起こったのでしょうか。(30代・女性・会社員)

日本の空港を舞台にセンセーショナルな亡命劇が… ©️iStock.com

A 海外に出た選手が亡命すると国家の恥。だから監視要員が…

 ベラルーシの選手は、コーチを批判したため帰国を命じられ、故国の祖母から「帰ってくるな」との電話を受けて、亡命を決意したそうです。

 ベラルーシは独裁国家として悪名高いですからね。独裁国家の選手がオリンピックを機に亡命する。これは、過去のオリンピックでもよく起きたことです。今回は舞台が日本だったので、国内で大きく報道されたのです。

 独裁国家ですと、国民が自由に海外旅行に出ることは困難ですが、「国際大会に出場する」となれば、出国できます。

警察官につきそわれるベラルーシ代表のクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手 ©️AFLO

 しかし、海外に出た選手が亡命すると国家の恥となるため、監視要員が関係者として同行するのが一般的です。

 残念ながら、これが国際社会の現実なのです。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー