昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載テレビ健康診断

『おかえりモネ』でついに出会った内野聖陽と西島秀俊、このキャスティングはNHKのスケベ心か?――青木るえか「テレビ健康診断」

『おかえりモネ』(フジテレビ系)

2021/09/06

 喫茶店でモーニングしながら『週刊モーニング』を読んでたら、よしながふみによる『きのう何食べた?』映画撮影レポマンガが載っていて、その中でシロさん役の西島秀俊が「(ケンジ役の)内野(聖陽)さんは役柄が変わると雰囲気もガラッと変わっちゃうので会っても分からなくなっちゃう」と語っていた。NHKの食堂で内野聖陽が昼飯食ってる時、どこのオジサンだろうと思った、と。これ、西島秀俊がある意味、気を遣って発言してるんだなと思いながら読んでいた。

『おかえりモネ』(以下モネ)の内野聖陽モネパパは『きのう何食べた?』のケンジを思い出す仕組みになっている。私はケンジよりは『真田丸』の徳川家康をよく思い出しながら見ているが、あちらはチョンマゲ、こちらは現代日本という強みもありモネパパ見ててもどうしてもケンジを思い出す。やっぱ「西島秀俊と共にキャスティングされた」時からそれは宿命だよなあ。

内野聖陽 ©文藝春秋

 私が知りたいのは、これが「この2人を一緒に出したらオイシイ」というスケベ心からなされたキャスティングなのかということで、これが民放ならそんなもんはありすぎな出来レースと断定するがNHKの朝ドラだからなあ。どうもNHKについては「そうそうわかりやすい下品なことはやるまい」と、つい思い込んでしまうのですよ。いや、今までひどい朝ドラなんぼでもありましたけど、その手の下品はあんまりなかった気がするので。

 で、今までは、共演といっても「出会ってなかった」朝岡(有名気象予報士役の西島秀俊)とモネパパが、ついに劇中で出会った。

 いやー、当日のツイッターは「2人がついに!」だの「シロさんとケンジが!」だの喧しいことで、おまけに『モネ』公式ツイッターも、モネパパと「朝岡さんとは初対面です!」なんて、ハッシュタグは内野と西島並べてセルフ盛り上げ。あーいやだいやだ、と思いながら(朝は『めざまし8』見てたので)昼の再放送を見て驚く。

「内野・西島が顔つき合わせてるのにまるでケンジとシロさん感がない!」

西島秀俊 ©文藝春秋

 そう思って見ようとしても「これは違う」と体が否定してくる。よくよく見れば、西島さんのほうはシロさんに見えないこともないが、とにかく内野聖陽、カンペキにモネパパ(でも徳川家康にはちょっと見えるが)。西島さんがレポマンガでこぼしてたのはマジ話だった。内野聖陽すごい。私はこの2人が顔を合わせた回以降、ぜんぜん『きのう何食べた?』が頭をよぎらなくなり、心にひっかかりもなく『モネ』を見られるようになった。

 ただ、最近の百音が、前髪を上げた髪型のせいかもしれないけど、顔が白塗りに見えることがあり、そっちのほうが気になっている。

INFORMATION

『おかえりモネ』
NHK 月~土 8:00~
https://www.nhk.or.jp/okaerimone/index.html

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー