昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/09/13

genre : ライフ, 歴史, , 社会

北口側には広大な基地が

 北口には小さな広場があって、その隣にはファミリーマート。広場には「福生市へようこそ」といったことが書かれた大きな観光案内板もある。駅の構内に福生市と昭島市の境目が通る拝島駅、北口側が福生市、というわけだ。

 

 福生といえば東京のアメリカ、横田基地の街である。横田基地は拝島駅のすぐ北側、八高線に沿うようにして広がる広大な基地だ。そして拝島駅の脇からは、横田基地に向かって1本の線路が続いている。駅前の広場のすぐ先、玉川上水を渡って住宅地の中を進み、基地の中へと消えていく。いくつか踏切があるが、その脇には「基地司令の許可なしに立ち入るな」といったことが書かれている。つまりは線路の敷地内は“米軍の土地”なのだろう。

 
 
 

 この線路では定期的に燃料輸送が行われているという。訪れたときにはまったく静かで列車が来る様子はなかったが、頭上にはオスプレイが盛んに飛んでいた。ちなみに、駅前でこの線路と並んで玉川上水を渡る橋は、「平和橋」と名付けられている。

z