昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/10/19

洗剤で落とす汚れの主役アブラ汚れ!

《アブラ汚れの正体》

 飛び散った料理油、お肉や魚から出る動物性脂肪、 人間の手肌から出る皮脂など。

《アブラ汚れを放置すると》

 アブラ(油脂)は時間とともに乾いてかたまり、落ちにくくなる。酸化するとイヤーなにおいの原因にも。

《アブラ汚れの対処法》

 重曹、過炭酸ナトリウム、アルコールなど。

 早めに拭けば洗剤なしでも落とすことができる。

アブラで汚れるのは キッチンだけにあらず

 「アブラ汚れはキッチンの汚れ」と思われがちですが、アブラは家じゅうどこにでも広がる汚れです。

 なぜかというと、料理中にフライパンの油や肉や魚の脂を含んだ水蒸気が発生するから。キッチンだけでなく、リビングや廊下にも流れ出し、壁や天井にも付着します。換気扇や換気扇カバーが汚れていると、部屋の換気が不十分になるので、なおさら室内のアブラ汚れは深刻に。

 原因はそれだけではありません。私たちの体から出る皮脂の汚れもアブラ汚れなのです。床のベタベタ汚れは、足の裏から出る皮脂汚れ。電気スイッチの汚れは、指先の皮脂かもしれません。

 アブラは早めに拭きとれば洗剤なしでもキレイになります。温度が高いほうが落としやすいので、お湯を使うとラクに落ちますよ。