昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/10/04

source : ノンフィクション出版

genre : ニュース, 社会, ライフスタイル, 読書

戦争で苦労した世代も食べ物を無駄にする

 人間って怖いよ、本当に。人間ぐらい殺生をしちょる動物はまずいない。殺生した動物を感謝してキレーイに食べるならいいんだけど、「これはおいしくない」「これはやわくない(軟らかくない)」とか言うて、ぽんぽこ、ぽんぽこ残しちゃう。

 昔、知り合いに誘われてバイキング料理を食べに行ったことがあるんよ。そん時にみんなウワーッ!と料理の前に集まって、ほいで皿にブワーッ!と山盛りにしてるの。他の人に取られたら嫌だからってね。

 そいでババッと食べて、「あ、こりゃ、なんかうまくねえ」って、3個取った料理のうち2個残したりするんだわ。それなら最初は1個だけにしとけばいいのに。ちゃんと全部、食べた人は2割ぐらい。あとの8割の人は残すんよ。今の日本人って本当にひどいよ。戦前、戦中、戦後の食糧難を体験して食べるのに苦労した70代、80代、90代の人でさえも、当時のこと忘れて、平気で食べ物を無駄にするの。

 絶対な、お天道様が怒っていると思うわ。日本の諺にね、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ちゅう言葉があるけれど、やっぱりな、覚えていなきゃいかんこともあるよね。

いざとなったら、 どこの国も輸出してくれない

 20年くらい前、日本で冷害が起きて米が採れなくなったことがあったよね。そん時、米が足りないから、店では日本米とタイ米のセットで売られたんだけど、みんな「タイの米は全然、おいしくねえ」って言い出しよった。それは間違いで、日本の米と種類が違うだけ。タイのお米は炒めたり、汁をかけて食べるものだって知らなかっただけなんよ。それにしたって、困った時に米を売ってくれたタイの人に失礼でしょう。

 今、日本の食糧自給率は何%ぐらいかご存知? たったの38 %だよ。日本人が食べる食糧の3分の2は輸入してるの。今はまだ輸出国の国民が元気にしちょるから良いけど、もし、世界的な自然災害でブワーッと広範囲にダメになって、自分とこの国民がお腹減っとったらね、そりゃ自国民優先よ。日本なんかに輸出してくれない。

 タイのお米だけじゃなくて、アメリカのトウモロコシだって小麦だって、ブラジルの鶏肉だって日本に入ってこないよ。食糧がこの先、いつまでも店で買えるかなんて分からないよね。だからせめて普段から食べ物は粗末にしない。その習慣って本当に大事なことだと思うんよ。

【続きを読む】「…おいちゃんともっと話したいわ」元ひきこもりの男性が一変…尾畠春夫さんがかけた“力強い一言”とは

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

ノンフィクション出版をフォロー