昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/10/23

──お気に入りのキャラクターや、描いていて楽しいキャラクターはいますか?

いつまちゃん みんな自分の子どものように思っていますけど、たとえば桃江ちゃんのセフレの活躍回では、桃江ちゃん視点で「◯◯君かっこいい~」と感情移入して描くことが多いので、私までドキドキしちゃってますし、松田くんの元カノの華ちゃんを描いている時は「華ちゃんやっぱり好きだな~」と思います。その時描いているキャラにいちばん感情移入して描くので、「いちばん好きなキャラ=その時描いている誰かの好きなキャラ」という感じですね。描いていて特に楽しいのはバリキャリで女性が好きな長女、楽観的で定職につかない長男、可愛くて賢い女装男子の次男で構成された栗山三姉妹です。尖った個性の人々が自然に互いを尊重しあってる様子を描くのが好きですね。

──これだけ登場人物が多いと、読者の人気も分かれますか?

いつまちゃん 人気投票などを行ったことはないですが、サイン会など好きなキャラ描きますよ~って時は桃ちゃんと松田くんがダントツで人気ですね。でも梅ちゃんも檜山も心ちゃんも桃ちゃんのセフレたちも満遍なくリクエストを受けます。ご自身の感情に近いキャラだったり、実際の好きな人に近いキャラだったり…読者の方それぞれにとって一番想いを託せるキャラクターを好きになっていただくパターンが多い印象ですね。

人の発言の裏とか、バックボーンをずっと考えてしまう

──キャラの描き分けがリアルで、人間観察の鋭さを感じます。

いつまちゃん ありがとうございます。私は子どもの頃から「この人はなんで○○ちゃんには優しいのに、私には笑ってくれないんだろう」とか、「この子が極端に年上とばかり付き合うのは家庭環境も関係してるのかな」とか、考えてしまうクセがあるんです。

 人の発言の裏とか、その言葉を発したバックボーンとかをずっと考えてしまうので、「今日あの人はこう考えてたんじゃないだろうか」とか、人の10倍も20倍も考えながら生きているところが『来世ちゃん』にも出ているような気がします。偏見なので悪い癖ですが、かなり創作には役立ってますね。

キャラクターをパズルのように組み合わせて描く

──単行本では「SNSお悩み相談コーナー」も掲載されています。「『来世ちゃん』で世の中の不条理に立ち向かう」「桃江ちゃんを幸せにすることで、失恋で傷ついた女の子を救う」ということは意識されているのですか?

いつまちゃん そういう善の目的ではまったく描いていないです。「桃江ちゃんがBくんの出張についていったらどうなるんだろう」とか、「Eくんがコロナで投資に失敗してたらどうなるかな」とか、今の世の中の時事と照らし合わせつつ、キャラクター同士を、ただパズルのように組み合わせて描いているだけです。

z