昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“ばあば”と“初孫”として30年…結婚の眞子さまを美智子さまはどう見送られる?歴史から伺えるお二人の絆

source : 提携メディア

genre : ニュース

“ばあば”と“初孫”として30年…結婚の眞子さまを美智子さまはどう見送られる?歴史から伺えるお二人の絆

 

10月26日のご結婚まであと12日となった秋篠宮家の長女・眞子さま。上皇后美智子さまにとって初孫の眞子さまは大切なより近い存在で、体調を深く案じられているそうだ。

FNN記者のイチオシのネタを集めた「ネタプレ」。今回は社会部宮内庁担当・宮崎千歳記者が「寂しさは言葉にせず “ばあば”と“初孫”の30年」を伝える。

 

社会部宮内庁担当 宮崎千歳記者:
10月26日のご結婚まであと12日となりました眞子さま。一昨日は小室圭さんとの結婚を報告するために自らの希望で、曽祖父母にあたる昭和天皇と香淳皇后の陵墓を参拝されたり、午後にはブラジル政府から両国の友好関係に貢献した証として勲章を受け取られたり、夕方には聴覚障害に関する映画をご家族で鑑賞されるなど、1日に3つの行事に取り組まれました

 

社会部宮内庁担当 宮崎千歳記者:
皇族としてのご活動も残すところはもうあとわずかとなりました。26日に予定されている記者会見や新生活に向けた準備を静かに進められていると見られているのですが、皇族の身分を離れられる眞子さまについて、今日は祖母にあたる美智子さまからの“ばあば”としての眞子さまへの思いについて、これまでの取材経験と側近が明かしたエピソードからご紹介していきたいと思います

ばあばと初孫…美智子さまと眞子さまの30年

社会部宮内庁担当 宮崎千歳記者:
眞子さまは1991年10月23日、秋篠宮ご夫妻の第一子として誕生されました。自然に飾ることなくありのままの人生を歩むという願いを込めて、眞子と名付けられました。映像をご覧いただきたいんですけれども、いとおしそうに秋篠宮さまがお顔を寄せられています

 

社会部宮内庁担当 宮崎千歳記者:
上皇ご夫妻にとっては初孫でいらっしゃいます。とりわけ女の子である眞子さまは、美智子さまにとってより近い存在で“ばあば”として深い愛情を注いでこられました。初孫誕生の喜びを、美智子さまは次のように和歌に詠まれています。「春の光 溢るる野辺の 柔かき 草生の上に みどりごを置く」。柔らかい芝生の上に眠る小さな眞子さまを見つめる、眼差しの優しさ、いとおしさが感じられるかと思います