昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/11/25

source : ライフスタイル出版

genre : エンタメ, 読書, 芸能

 カメラが回り始めた。私は無言で手首をぐるぐる回し続けた。樹木さんが時々顔を上げ、私を見て、(まだなの?)と、目で訊いてくる。

 私は(まだです)と、首を横に振り、手首を回し続けた。

 (え、まだなの?)と、びっくりしたような目の樹木さん。

 (まだです)と、私。

 やがて、大森監督も(えー? まだなんですか?)と、私に驚きの目を向ける。

 (まだです)

 一度、手を下ろして、少し湯を足すサインを出した後、私はまた手首をぐるぐる回した。

 樹木さんと監督が、代わる代わる、目で訊いてくる。

(まだなの?)

(まだです)

(まだですか?)

(まだです)

 やがて、モニターに映るお茶の深緑に、トロリとした艶が出てきた。私はそっと手を下ろした。

「カーット!」

 と、監督の声がした。

「OKですか?」

「OKです」

 その途端、樹木さんは、後ろにお尻をついてへたり込んだ。

「あ~、大変だった。もうくたくたよお」

 そう言って、やっと立ち上がると、

「終わったら、脱ぎ捨てるようにぜ~んぶ忘れるの。もうなんにも覚えてないわ」

 と笑いながら控え室に引き上げて行った。

【前編を読む】「稽古はしません」「直前に集中して覚えます」茶道の先生を演じる樹木希林が“心からのお茶への理解”を諦めた“納得の理由”

青嵐の庭にすわる 「日日是好日」物語

森下 典子

文藝春秋

2021年11月25日 発売

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

ライフスタイル出版をフォロー