昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「7回転んで、8回起きることってなんだっけ?」遅咲きコンビ・錦鯉があまりにもバカバカしい理由

『芸人ラジオ Vol.2』 錦鯉インタビュー #1

2021/11/13

 遅咲きのお笑いコンビ・錦鯉は、昨年の『M−1グランプリ』でようやくブレイクした。そんな錦鯉の魅力が最も発揮されているのが、お笑いラジオアプリ・GERAで毎週月曜日に配信されている『錦鯉の人生五十年』である。

 お笑い芸人のラジオの話題のみが詰まった異色のムック本『芸人ラジオ Vol.2』(辰巳出版)掲載のインタビューを一部抜粋。50歳の長谷川雅紀と43歳の渡辺隆による中年の悲哀が漂うラジオの魅力に迫った。(全2回の1回目/後編を読む

錦鯉の長谷川雅紀(左)と渡辺隆(右)が語る「ラジオの魅力」とは…… 撮影:笹井孝祐

とんねるずのANNを聞いて遅刻したことも

――長谷川さんは学生時代にかなりラジオを聴いていたそうですね。『人生五十年』の中で話していた、とんねるずさんにお会いした時に「『二酸化マンガンくらぶ』(文化放送)を聴いてました」と伝えたというエピソードがラジオ好きとしては素敵だなと思いました。

長谷川 僕は青春時代からとんねるずさんが大好きだったので、お会いした時に好きだってことを伝えたいなと思ったんですけど、皆さんは『夕やけニャンニャン』(フジテレビ)とか、『みなさんのおかげです』(フジテレビ)とか、オールナイトニッポン(ANN)とか、メジャーな番組を挙げるじゃないですか。僕はもっとマニアックなところにいきたいと考えて。それで、石橋(貴明)さんにお会いした時に『二酸化マンガンくらぶ』を聴いてましたって伝えました。

撮影:笹井孝祐

――芸人さんのラジオで特に印象に残っているのは?

長谷川 やっぱりとんねるずさんのANNですね。よく布団の中に入って聴いてて、そのまま寝落ちするというパターンだったんですけど、笑いすぎて、ツバが気管に入っちゃった時があって。苦しくて飛び起きたら、今度は寝れなくなっちゃって、朝方やっと寝て、学校に遅刻した記憶があります(笑)。

――渡辺さんも結構聴いていたそうですね。

渡辺 雅紀さんほどは聴いてないですけど。中学~高校ぐらいの頃ですかね。