昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/11/19

genre : ライフ, 娯楽,

杉山 イルミネーションとか電飾は、水が通るからだめですね(笑)。

萩原 サイトやSNSに投稿していただけるので、地方の写真も集まるようになりました。ただ、それまでは「駅もれ」というタグを使っていたのですが、タモリ倶楽部のおかげで「もれ鉄」ってタグもできて、分散してしまいました(笑)。

駅員さんの努力の賜物

萩原 「駅もれ」って、僕は駅員さんの努力の賜物だと思ってるんですよ。漏れちゃってることに関しては「仕方がないんだよ」とことあるごとに言っています。

・東京駅 八重洲口周辺「ネジ」 八重洲の地下街で発見した駅もれ。照明部分からの漏水に、ペットボトルを漏斗にして対応する形なのだが、よく見るとペットボトルをネジで天井に固定するという荒技に気づく。(撮影:萩原さん https://ekimore.tumblr.com/page/8より)

杉山 現場の方にも、お話を伺いたいですね。

萩原 水漏れ対策職人のプロみたいな方が多分いらっしゃると思うんですよ。多分、大江戸線は統一感があるので、そういう方がいるんだと思います。

杉山 メトロとJRは統一感がありませんか?

池袋は現在進行形で漏れまくっている

萩原 そうですね。でもその方がひとつひとつの形は面白いんです。駅としては、新宿、東京に行けば必ず見られます。渋谷駅はちょっと新しくなったからどうかな。

杉山 横浜も結構地下の工事やってますよね。でも、リニューアル工事は対策をしながら進めるだろうから駅もれは見られないのかな。

萩原 改装中は凄いんですけどね。池袋は現在進行形で漏れまくってます。

杉山 関門トンネルは、1日に数百トンの水を汲み出しているんです。どんなに内側をきれいに埋め合わせても、修復しても、水は別の所から吹き出してしまう。漏水は、完全に塞ぐのではなく、風を受け流すような対策が必要なのだと思います。

【続きを読む】

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー