昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「毎朝デヴィ夫人が私を起こして、朝食を作ってくれた」口笛奏者の女子大生が語る、夫人と暮らした2年間

加藤万里奈インタビュー#2

 デヴィ夫人と同居する女子大生として一躍有名人となった加藤万里奈さん。大学3年から卒業するまでの2年間、渋谷にあるデヴィ夫人の本宅に住んでいたという。

 そんな加藤さんは、14歳の時に口笛の世界大会で優勝し、この秋には歌手としてもデビューした。彼女に口笛で世界大会で優勝した時のことや、デヴィ夫人との同居生活について詳しく話を聞いた。(全2回の2回目/前編を読む)

口笛奏者・加藤万里奈さん

◆◆◆

冗談だと思ったら「あら、あなたの部屋完成しましたよ」って

――それから夫人と同居するまでの経緯は。

加藤 高校卒業後、武蔵境にある大学に進学したんです。私の実家から片道3時間半かかったんですけど……(笑)。普通は一人暮らししますよね。

 でも私は、実家が大好きだったので、家から出るという選択肢はなくて。毎朝5時に家を出ていました。そういう生活を2年間送っていたんですけど、ある時夫人とご飯を食べていたら、「あーた、まだそんなことやってんの。私、新しい家(別宅)を建てましたので、そこから通えばいいじゃない、大学に」って言われて。

――だいぶ軽いお誘いですね。

加藤 最初は私も、「いやいや」って言ったんです(笑)。冗談だよなと思って。でもその1ヶ月後に、「あら、あなたの部屋完成しましたよ」って言われて、びっくりしました。「え、夫人は本気で言ってたんだ……」と。私のために部屋を1室作ってくださっていて、ベッドや机も置いてありました。

 

――素敵なお部屋を作ってくれていたんですね。

加藤 冷静に考えたら、とても嬉しい話ですよね。だって、ずっと会いたかった夫人と仲良くなれて、しかも同居できるなんて……。こんなチャンス滅多にないと思って、夫人が建てたお家に引っ越すことを決めました。

 それからすぐに、夫人の別宅に暮らし始めたんですが、私は家事が全くできないので、いろんなところを常に汚してしまって。そしたら夫人が「あら、あなた全然だめじゃない」って。その時は夫人の別宅に一人で住んでいたんですけど、「あなたがいると部屋が汚れて仕方ない」ということで、夫人の住む本宅に引っ越すことになるんです。

――そこから本格的な同居が始まるんですね。

加藤 そうです。本宅にも私の部屋を作ってくれて。ベッドから何から全て用意してくれました。

関連記事