昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

実はまったく「らしく」ない…スーパー観光都市の玄関口「京都駅」には何がある?

2021/12/06

genre : 歴史, , 社会

 日本一の観光都市と言えば、もちろん京都である。平安の都から数えて1200年を超える悠久の歴史が、京都を日本一の観光都市たらしめている。

 一時期は外国人観光客ばかりで楽しめないなどという声もあったようだが、日本に遊びにやってきた外国人が決まって京都に立ち寄るというのだから、それは世界的な観光都市である証であって誇るべきことでもあろう。コロナがいったん落ち着きを見せている2021年の秋、京都は多くの日本人観光客で溢れていた。

 そんな京都の町にやってきていざ観光、という人たちの玄関口はどこであるか。答えはひとつで、JR京都駅である。

スーパー観光都市の玄関口「京都」には何がある?

発着する特急列車の種類が日本一の駅「京都」

 天下の新幹線が停まる大ターミナルであり、関西を走るJR線の看板列車・新快速ももちろん停まる。さらに嵐山観光ならば嵯峨野線、伏見稲荷や奈良に行くなら奈良線に乗り換えればいい。もっというと、北陸方面の特急「サンダーバード」も出ているし、天橋立の北近畿にも特急「はしだて」。なんでも、京都駅は発着する特急列車の種類でいうと日本一なのだという。

 そして京都駅にはJRだけではない。JR奈良線とはライバルということになるのだろうが、奈良に向かって近鉄京都線が走っている。近鉄特急に乗れば奈良はもちろん伊勢方面に向かうこともできる。

 

 このように、京都駅はスーパー観光都市・京都の玄関口らしい堂々たるターミナルなのである。京都には空港がないから、京都観光にやってくる人のほとんどが京都駅を玄関口としてあちこちへと旅を続けていく。そんな京都駅を、改めて歩いてみることにしよう。

らしさを「まったく裏切られるターミナル」

 

 ご存知のとおり、京都駅は古都・京都らしさを期待していたらまったく裏切られるターミナルである。

 在来線が地上にホームをズラリと並べて広大な面積を占め、新幹線は在来線の南側を高架で貫き、在来線と新幹線の間の狭いところから近鉄も高架のホームを持つ。さらに地下にも京都市営地下鉄烏丸線が通っているので、地下街と一体となったエリアも京都駅の一部ということになろう。

ここで今回の路線図。在来線に新幹線……。「京都」はまさに大ターミナルだ

 JRの在来線を基準に歩いて行こう。ホームから階段を登ると乗り換え用の橋上通路があり、正面の西口改札を出ると駅の南北をつなぐ自由通路だ。改札を出て左に行って階段を降りると左が新幹線、右が近鉄の改札口になっている。

z