昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/12/13

ひろき 学校行事に行く行かないで喧嘩になったときでした。それまでにお互いに合わないということははっきりしていました。僕も50歳という年齢が見え、区切りをつけて新しいスタートを切りたいと思っていました。だからこのままお互い不愉快な思いをし続けていくのは時間の無駄。「合わないから離婚しよう」と言いました。妻は「私のほうが先にそう思っていたから離婚したい。でも私は専業主婦だから仕事を見つけるまでの期間は必要だから」と。妻はすでに自分の親には離婚したいと言っていたようで、学校にも遠くない実家で娘と暮らすことを予定していました。離婚するのは妻の仕事が見つかって生活が落ち着くまでということになりました。

お互い冷静で穏やかに話し合いができるようになった

くらら 離婚約中の今はどのような感じですか?

ひろき 離婚するまでの毎月第3土曜日の夜、娘が寝た後、お酒なしをルールに話し合っています。お酒が入るとお互いヒートアップして喧嘩になりますし、話した内容を覚えていなかったりしますよね。だから飲み物はコーヒーです。

くらら すごい。そうやって冷静に前向きな話し合いができる関係って素晴らしいですね。

ひろき そうですね。離婚の話をするまでは喧嘩ばかりだったのが今はお互い冷静で穏やかですね。現状、話し合いは3回目が終わったところですが、主に就職活動の報告を聞いたり、面接のアドバイスをしています。先日は離婚約中に彼氏彼女を作ってもいいかを話し合いました。妻は作ってもいいと私に言いましたが、いいと言われても離婚に不利になりそうなのでこの間に作るつもりはありません。僕としては妻に男ができても娘を悲しませることさえなければいいと思っています。妻は、「男はいいわよね。自由に出かけられて。新しい出会いがたくさんある。その点、女性は不利」と言っていましたが、確かにそうかもしれませんよね。

くらら 離婚約中に彼氏彼女を作ってもいいか、再婚に向けて活動をしていいかは大きなトピックですよね。もうお互いに男女の感情はないとはいえ、本当にできたらいい気持ちはしないものなのか……。