昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/12/13

ひろき 娘とは離婚後ももちろん会い続けられるように妻と取り決めをしようと思いますが、妻の気が変わることも大いに考えられるので、離婚前に公正証書を作ろうと思っています。

©iStock.com

 今は離婚後を見据えてせっせと家の荷物を片付けています。妻は捨てられない人間で何でも溜め込むタイプ。先日は10年前の調味料、缶詰が出てきて衝撃。そういうところも合いませんでした。ひと部屋、物置になっているので、そこを整理して子ども部屋にしてあげたいとも思っています。

経済的負担増でもリラックスできる家に帰りたい

くらら 今のお家は奥様とお子さんに渡す予定ですか?

ひろき 妻が実家に戻るのか、今の自宅に住むのかは仕事の場所によると思っています。もし離婚後、今の自宅を妻と娘に渡すとしたら、そのローンに加え自分の住まいの家賃と今よりさらにお金はかかります。娘が成長するにつれ、ますます学費も上がっていきそうです。でも経済的な負担が増えるとしてもリラックスできる家に帰りたいし、お互いイライラし続け、言い合いをすることは疲れるし、そんなことで時間を費やしたくないという思いのほうが強いですね。

ひろきさんの離婚約

(1)子どもの親権は妻が持つ。

(2)夫は養育費を払う。

(3)離婚約中に彼氏、彼女を作ってもいい。

 夫側もある一定の年齢で将来を考え、そのタイミングで離婚という選択肢が出てくるのだなと思いました。確かに男性のほうが出会いは確実に多い。妻側は再婚したくても出会いは少ないし、子どもを引き取るケースが多いので男性より新たな出会いや再婚のチャンスを掴むのは難しいと思いました。月に1回、日にちを決めて話し合うのはすごく前向きでいいですよね。離婚後もいい関係が築けそうです。

【続きを読む】“離婚の約束”=“離婚約”をして約1年半…「結婚生活で私のどんなところがダメだった?」 夫からの“想定外の答え”とは

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー