昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

——産後ダイエットのはずが大会出場。しかもその大会が有名なビキニですもんね。

nora そうですね。もともと自分を追い込むことは好きじゃなくて、むしろ苦手だったんです。筋トレを始めた時も、ここまで鍛えるとは思っていなかったし。

 高校までバスケを続けていたので、学生時代はある程度筋肉があった方だと思うんですけど、結婚してからは全く運動していなくて。だから自分でも驚いています。

筋トレせず過去一番太っていた頃(手前の飲み物は期待を裏切らないアイスココアです)by nora

 大会出場を目標にしたはいいけど、どの大会に出たらいいのか全然わからなくて。とりあえず直近で開催される大会を調べたら、ビキニが4ヶ月後にあったんです。4ヶ月なら頑張れるだろうと思って、ビキニを目標に筋トレをしていました。

ギラギラのビキニを他人に見せるのは恥ずかしかった

——ビキニ出場までは、どのような筋トレをしていたんでしょうか。

nora 4ヶ月しかなかったので、大体のことはやりましたね。もちろん最初は減量です。体重も10キロ以上は落としました。減量しながら筋トレを続けると、徐々に筋肉もついて引き締まってきました。

 ビキニって、体重とか体脂肪率というよりも、見た目で判断されるんです。体重を減らすことも重要ですが、それ以上に見た目が美しい筋肉を意識しました。どこか一点を重点的に、というよりは美しいお尻、腕、足、お腹を目指して、トレーニングを組んでいました。

——ビキニってビキニ姿で、体のほとんどの部分が出ていますよね。しかもTバックで。

nora そうです。あの衣装はちょっと躊躇しちゃいますよね(笑)。出るとこ全部出ちゃうし、Tバックだし、それを審査員とはいえ、他人に見せるというのは、恥ずかしいなと思いました。

コンテストのステージ裏の様子

 あとは心配な部分もありました。本気で大会を目指すのであれば、パーソナルトレーナーに頼むのが一般的です。でも私は、筋トレについては完全に独学で、ゼロからやっていったので、今思えば無謀な挑戦だったなと思います。夫がもともと筋トレしていたので、ある程度の知識はありましたけど、大会はまた別でしたし。

 それでも家族は「いいじゃん! 応援するよ」というスタンスだったので、かなり助かりましたね。子供達はまだ1歳とか3歳ぐらいだったので、よく分かってなかったですけど。