昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

あの特徴的な動きは……「パプリカポーズ」の秘密

小林 とても共感します。今、自分はダンスを突き詰めてきた結果、ものすごくシンプルな衝動に立ち返ろうとしていて。EXILEや三代目 J SOUL BROTHERSの時とはまた違う、自分の中から出てきた感情のままに踊るダンスをYouTubeにアップしたりしているんです。

佐藤 それはいいですね。「パプリカ」は、米津玄師さんに曲を、辻本知彦さんと菅原小春さんに振り付けを考えていただき、オーディションで選ばれた5人の子どもユニット、Foorinが歌いました。やってみて思ったのは、歌とダンスの力って改めてすごいなと。地域も世代も人種も障害も超えて、みんなでつながれる。そんなツール、なかなかないなと思って。

選択と奇跡 あの日、僕の名字はEXILEになった』 小林直己 文藝春秋 ¥1,980
EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの活動の裏側、コロナ禍における葛藤など、小林直己が人生を振り返ることで得た気づき、夢への道筋を綴った初エッセイ

小林 ツールという考え方、大賛成です。あのダンス、特にサビのポーズは素晴らしいなと思います。

佐藤 子ども番組では、ポージングというお決まりのポーズを決めるんです。たとえば、挨拶する時、「おっはー」とかありましたよね。顔周りのポージングって、表情も含めて伝わるので、振り付けをお願いする時、「サビで一番印象に残る、おじいちゃん、おばあちゃんでも、障害のある方でも誰でもできる顔周りのポージングをつけてください」と言ってできたのが、顔の前で両手を花のつぼみの形にする「パプリカポーズ」でした。

※後半では、小林直己さんが手がけた三代目 J SOUL BROTHERS「Rat-tat-tat」などの振り付け秘話をはじめ、佐藤正和プロデューサーが「Foorin」の次に手がける子どもユニット「ミドリーズ」や、Eテレで話題沸騰中の番組『Q~こどものための哲学』など、今の時代に必要とされている教育について語り合った。続きは発売中の『週刊文春WOMAN vol.12(2022 創刊3周年記念号)』にて掲載。

小林直己

千葉県出身。EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERSのメンバー。俳優としても活動し、2019年、Netflixオリジナル映画『アースクエイクバード』、『海風』に出演。20年にYouTubeチャンネル「Naoki’s Dream Village」を開設。

佐藤正和

1975年東京都生まれ。NHK制作局〈第1制作ユニット〉教育・次世代チーフ・プロデューサー。96年NHK入局。「デザインあ」は、グッドデザイン賞大賞、アメリカ放送界の最高権威ピーボディ賞など国内外の賞を受賞している。

text:Yukiko Umetsu  
photographs:Takuya Sugiyama

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(12枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春WOMANをフォロー