昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/20

「私の母も徹底的に怒る人でした。教習所で女性の生徒にだけ横柄に振る舞う教官っていますよね。母は20年前、そういう教官にブチ切れて、『お前なんかとやってられっかよ!』と、路肩に車を停めて教官を置き去りにして帰ってきたこともあります。

 私にもキツくあたってくるので辛いことも多かったのですが、身内にも他人にも同じように怒る、ある種の“フェアさ”を浴びてこれたのは良かったのかなって今では思います。

 母という身近な女性が怒る人だったこともあり、昔から田嶋陽子さんのような、自分の感情をきちんと表に出す女性が好きでした。でも社会に出てみると、怒らない女の人の方がマジョリティだったんですよね。

 小学生の時、私がスカートめくりに猛抗議した日以降、一切、スカートめくりがなくなったんです。その時思ったのは、私と同じくらいブチ切れて怒る女の子がいたら、もっと前にこんな悪質な行為を根絶できたのでは? ということでした。でも、怒らない子はそれこそ温度調節できたり、怒ることが怖かったのだと思う。それに気づけなかった。まあ、そういう思いが後に女性嫌悪につながっていくわけなんですけど……」

©文藝春秋

「怒ったら結果がついてきた感じ」と笑いながら話すペス山さん。「自分のいるコミュニティくらいは、怒ることで変えることができる」という言葉に、パワーをもらった気がする。

 続く後編では、ペス山さんが幼い時から感じてきた性別への違和感について聞いた。

女の体をゆるすまで (上) (ビッグコミックス)

ペス山 ポピー

小学館

2021年7月30日 発売

2021年 マンガ家部門 BEST5

1位:高校の同級生と結婚、しかし夫は実は女性だった…突然のカミングアウトに妻が動揺しなかった理由
https://bunshun.jp/articles/-/50910

2位:「(大物漫画家が)金輪際、描かないと言ったら…」新人漫画家の「セクハラ被害告発」に立ちはだかった“権力の壁”
https://bunshun.jp/articles/-/50908

3位:「うちもそう!」と大反響が…!マンガ『職場の猫』に“セリフ”が一切出てこない理由
https://bunshun.jp/articles/-/50907

4位:「酔っぱらって歯も磨かず顔も洗わずに寝るのは至福」 “ただれた生活”を送るマンガ家、川尻こだまの敬語で話す“意外な”素顔
https://bunshun.jp/articles/-/50906

5位:55歳漫画家に、突然小学生の娘ができて…「おれは全くわかっていなかった」初めての父子生活の顛末
https://bunshun.jp/articles/-/50905

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z