昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/15

大塚 その方がたぶん、この世界では生きていけますよね。でも私は「もうこれはかなわないな」としか思わないんです。今まで19年間やってこられたのも、たまたま運が良かったからで……。基本的に、人に見られるのがあまり好きじゃないというか、得意じゃないんです。

普段の大塚さんはどんな人?

――『さくらんぼ』をはじめ、楽曲の印象から、大塚さんに対して元気で明るく、どこか女性らしい、またはかわいらしいといったイメージを持っている方も多いと思います。そうしたイメージと比べて、普段の大塚さんはどんな方ですか?

大塚 そうですね……。どちらかというと、普段はそんなにブリブリしてないですね。人と会うと「曲のイメージと違った」って言われることも多いです。むしろ曲の中に私はいないんじゃないかっていうくらい(笑)。

――それは、具体的にはどう違ったと言われるんでしょうか?

大塚 たぶん女性らしさがないのかな。あえてそうやって振る舞うモードにしようと思わない限り、自分の中に女性らしさとか、かわいい感じってあんまりないですね。そもそも、女性らしさが何なのかちょっとよくわかってないんですけど(笑)。

 

――ご自身でも、曲の雰囲気と普段の自分にはギャップがあると感じますか?

大塚 きっと他のアーティストの方って、自分の内面や想いだったり、自分のシーンを曲に投影される方がほとんどだと思うんです。でも私の場合は、自分を出すというのではなくて、一つのフィクションとして、作品として世に出しているので、それが自分とイコールというのはまずないですね。自分で自分に楽曲提供してるみたいな感じなので。

 ファンの方たちは、そこは最初からわかってくれていると思います。ただ、一歩踏み込んで、いろんな楽曲を聞いて、トークしてるところも見ていただいて、それで初めて「ああ、こういう人なんだ」ってわかってもらえるものだと思うので、テレビでちょっと見たことあるなくらいの人にとっては、今も『さくらんぼ』のイメージなのかなと。やっぱりヒット曲は強いですよね。

尖ったことをやってたはずなのに……

――大塚さんと言えば、かわいいイメージのPVも印象的ですが。

大塚 曲がかわいいものであれば、ビジュアルもそうしないと釣り合わないので、そこに転んでいるという感じです。ただ、そうしたイメージについては、自分でもうまくプロモーションできてなかったんだなという反省もあります。やっぱりデビューしてしばらくはアイドルだと認識されてしまった、というのが大きいんだろうなと。

――そうした反応は予想外だったんでしょうか?

z