昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

許容範囲は自分で決める

「男はみんなセックスしたいもんだ!」。ぼくが訪れた学校で、ある男子が言った。クラスのみんなもうなずいて笑う。

「じゃ、それはチャンスがあれば、誰とでも寝るってことかい?」とぼくは聞いてみた。

「いや、誰とでもってわけじゃない、たぶん……」と彼は答えた。

 男性的ジェンダーロールによれば、男はいつも性欲でギラギラしているらしく、そのせいで、みんな無意識のうちに誰とでもセックスしたいフリをしている。でも、男の子だって女の子と同じように、感情や意見、そして好みだってある。それに、疲れているときや、悲しいとき、怒りの感情が強いときなんかはエロい気分にならないこともある。セックスじゃなくて、会話や、お互いを知っていく過程を楽しんでいるときだってある。

 きみがどんな人にも興奮するわけじゃないし、あらゆるセックスに興味をもつわけではない。セックスにまったく興味がないときもあるだろう。

 男として生きていると、セックスすることで一目置かれることがあるかもしれない。それゆえ、セックスに誘われたら、すべてに「イエス」と答えるべきだと感じるだろう。だけど、もし気分があがってこないんだったら、そのセックスはやめておいたほうがいい。からだにわいてくる感覚は、性的興奮、高ぶり、不安や恐怖となって表れる。感情と理性が、時に対立することもある。たとえば、「うわっ! この子めっちゃかわいい!  誘わなきゃ損だよな……」なんて考えながらも、こころの内では「ノー」ってこともある。気分がのらない、そんなときは、自分の本心に従って「ノー」を言うんだ。

【続きを読む】高校2年生男子の「14人に1人」が望まないセックスを強いられた経験あり…“男性のレイプ被害者”が泣き寝入りを選んだ“意外な理由”

RESPECT 男の子が知っておきたいセックスのすべて

インティ・シャベス・ペレス ,重見大介 ,ボブa.k.aえんちゃん ,みっつん

現代書館

2021年12月10日 発売

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー