昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 マルクスは圧力をかけることで、相手の許容範囲を徐々に広げていったんだ。相手の太ももに手を置いた。彼女がその手をどけても、マルクスはまたその手を太ももに置く。彼女が最終的にあきらめるまで、マルクスは何度も太ももに手をかけた。

 そして、マルクスは彼女とセックスをした。

©iStock.com

「彼女がしたがったわけではない。でもノーと言わないし、嫌がっている様子もなかった。ただ、しぶといぼくから解放されたくてやっただけだと思う」とマルクスは説明してくれた。

 誰かにセックスを強いることは、一種の暴行だが、男性だけでなく、女性からも性的圧力をかけてしまうことがある。女の子が男の子にプレッシャーをかけるとき、時どきある言葉を使って脅すことがある。「え? まさかゲイじゃないでしょ? だったら一緒に寝ようよ」なんて言ったり、男のくせにセックスを断るなんてゲイに違いない、なんて噂を広めたりして脅す場合もある。

恋人への圧力

 さて、もうひとつの圧力について説明しよう。感情に訴える脅迫だ。これは、主に愛情関係にあるふたりのあいだで起こり、どちらかが感情でもって、パートナーにセックスを迫る強要パターンだ。

 感情に訴えて脅迫する人は、よくこんなことを言う。「もし本当に好きなんだったら……」「前の彼女は(彼氏は)こうしてくれたのに……」。そして、相手がセックスを望まないからと、怒ったり機嫌が悪くなったりするのも、感情に訴える脅迫だ。このタイプのプレッシャーは、相手を気まずくさせ、罪悪感を抱かせることで、セックスに誘導し、ベッドで望まないことを無理強いする。

 自分の愛する人に、感情へ訴える脅迫をしないでほしい。これは完全に相手へのリスペクトを欠く行為だ。そしてもしきみがその方法で迫られても、付き合っているからといって、一緒に寝る義務があるわけじゃない。愛するということは、すべてを受け入れることではないんだ。