昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《原因は“2人の女性”?》「感染爆発」しているのに文在寅の支持率がアップ…韓国で起きた“珍現象”の正体

2022/01/07

「李在明が都市開発疑惑を知らないはずがないよ、市長だったんだから。表ではもっともらしいこと言っているけど、裏で何やっているか分からないから、怖いわ」

「でも、尹錫悦も尹錫悦だよ。なんでこんな奥さんと結婚したんだろうねえ。何やりたいんだかもわからないし、(党内で)内紛しているし。投票したい人が本当にいないわ」

「もう、こうなったら、安哲秀に入れる? 奥さんも教授だし、問題なさそうだし」

 お昼も過ぎた地方のとある食堂で、客は筆者一人。50~60代と覚しき、従業員女性ふたりのこんな会話が聞こえてきた。店にある大型テレビのニュースでは、次期大統領選の有力候補者らのスキャンダルが流れていた。

文在寅大統領 ©getty

◆ 

 次期大統領選挙まで2カ月ほどの韓国。本来ならばもっと熱い雰囲気に包まれるはずが、どうにも盛り上がらない。

 候補者が出揃った11月中旬には、野党「国民の力」の尹候補が与党「共に民主党」李候補を10ポイントほど引き離し優勢だったのが、差はどんどん縮まり、昨年12月最終週に行われた複数の世論調査では、李候補が尹候補を10ポイントほどの差をつけて逆転した。

 しかし、驚いたのはこの5月には“過去の人”となる文在寅大統領の支持率のほうだ。退任間近というのにこちらは47%の高い支持率を記録。歴代大統領では見られなかった珍現象と騒がれた(世論調査会社「エムブレインパブリック」など)。

支持率アップという“珍現象”、裏に「あの女性」の赦免

 中道系紙記者が言う。

「この数字を鵜呑みにはできませんが、他の調査を見ても文大統領の支持率での酷い落ち込みは見られない。不動産政策、新型コロナ対策での失敗と失政続きなのに支持率が上昇したのは、朴槿恵前大統領の赦免が功を奏したことと、次期大統領候補者への不満によって『まだ文大統領のほうがましだ』というムードが高まる“ねじれ現象”の現れのように思います。

2021年12月に赦免された朴槿恵前大統領。赦免が文大統領の支持率アップに貢献か ©AFLO

 それだけ今回の大統領選が酷すぎるということ。両候補共にスキャンダルだらけで、互いに誹謗中傷を繰り返すだけ。政策もこれからのビジョンもまったく見えない。こんな情けない選挙戦は今までになかったです」