昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《TBS『冒険少年』“やらせ疑惑”証拠写真》「5日間ほぼ寝られない。過労死の危険性が…」疲弊したスタッフから告発SOS 「脱出島」王者・あばれる君のイカダは船が引っ張っていた!

疑惑の「脱出島」 #1

 2021年11月26日、青く澄みきった奄美群島で“事件”は起きた。

 とある小島付近の海上に1隻のイカダに乗った白いタンクトップ姿の男が大声で歌を歌い、オールを漕いでいた。男は奮闘するものの、高波のためイカダはほとんど前に進まない。30分後、それまでイカダと併走していた船が近づいていった。すると、これまでほとんど前に進まなかったイカダは波を掻き分けグングンと進みはじめた。船とイカダの間には、しっかりと張られた白いロープが見えていた ――。

 TBSの人気番組『アイ・アム・冒険少年』(毎週月曜日19時~)の人気企画「脱出島」。

TBS系列の人気番組『アイ・アム・冒険少年』 番組公式ツイッターより

 昨年秋、ある番組スタッフを名乗る人物から1通のメッセージが「文春オンライン」のもとに届いた。そこに記されていたのは「脱出島」企画で疲弊する現場スタッフの悲鳴と、その原因となったという“過剰演出”への憤りだった。

 実際に「文春オンライン特集班」が現地取材を進めると、番組の常連である絶対的王者・あばれる君(35)が漕ぐイカダが小船に牽引されるシーンや、スタッフが出演者のイカダや小道具を組み立てる姿など、様々な“疑惑”の瞬間を目にすることになった。

あばれる君のイカダを牽引するスタッフの乗る船 ©文藝春秋 撮影:細田忠

 取材班が現地で検証した、過酷な現場の全容を詳報する。(全3回の1回目)

◆◆◆

『安心して家族で観られる番組』がコンセプト

 2014年に深夜枠で断続的に放送が開始された『アイ・アム・冒険少年』は2020年にゴールデンタイムに進出、レギュラー化されたTBSの看板番組のひとつだ。司会はナインティナインの岡村隆史が務め、田中直樹(ココリコ)、川島海荷、澤部佑(ハライチ)、向井康二(Snow Man)、目黒蓮(Snow Man)、あばれる君らがレギュラー出演しスタジオを盛り上げている。

スタジオではナイナイの岡村やココリコの田中などが出演

「『冒険少年』は若者のテレビ離れが進むなか、『安心して家族で観られる番組』がコンセプト。『脱出島』以外にもあばれる君が山を購入したり、パンサーの尾形さんを中心にした釣り企画があったり、芸能人が体当たりで山や海をフィールドにした冒険に挑戦し、葛藤する姿を伝えることでお茶の間の共感を呼んでいます。

関連記事

z