昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

平手友梨奈、清原果耶、木村拓哉の長女・Cocomi、久保建英が「新成人」に…「2001年世代」のスゴイ顔ぶれ

2022/01/10

 1月の第2月曜日にあたるきょう1月10日は成人の日である。1948年の制定以来(1999年までは1月15日で固定)、満20歳を新成人として祝ってきたこの日だが、今年4月1日には民法の改正により成人年齢が18歳に引き下げられる。その意味では、今年の成人の日は一つの区切りといえ、新成人が全員21世紀生まれになったという点でも特筆される。

天皇家では一足先に愛子さまの成年を祝賀

 天皇家では一足先に昨年12月5日、その4日前に20歳となった愛子内親王の成年を祝賀する行事が行われた。愛子さまは、今年の元日には、成年皇族として初の公務となる新年祝賀の儀に臨まれている。成年を迎えた皇族は記者会見を行うのが恒例だが、これも在学中の大学が春休みとなる3月中旬に設けられる予定だ。初めて公に肉声が伝えられるとあって注目される。

愛子さま ©JMPA

 愛子さまと同学年にあたる今年の新成人は、芸能界にも多い。女優では、平手友梨奈(6月25日生まれ)・森七菜(8月31日生まれ)・髙橋ひかる(9月22日生まれ)・清原果耶(1月30日生まれ)などがすでにテレビドラマや映画で活躍している(カッコ内の誕生日は4月2日~12月31日は2001年、1月1日~4月1日は2002年の各日を示す。以下同)。

清原果耶 ©AFLO

 清原は、昨年放送のNHKの連続テレビ小説『おかえりモネ』で、朝ドラ出演3作目にしてついにヒロインの座を射止め、地元に貢献しようと模索を続ける気象予報士を見事に演じきった。今月からは民放ドラマ初主演となる『ファイトソング』(TBS系)がスタートする。

z