昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

13位 乃木坂46 「きっかけ」

13位 乃木坂46 ©文藝春秋

「大好きなグループです。かわいい声とルックスに癒されました」(23・女性)

「紅白歌合戦をもって卒業する生田絵梨花さんの綺麗な涙にもらい泣きした。1期生から順番に出てきてサビまで歌いつぐ演出や、10年間の軌跡がバックスクリーンで流れる演出も良かった」(18・女性)

「生田絵梨花さんは、乃木坂46として、最後の舞台でしたが、涙ぐんだりせず、ピアノを弾きながら、しっかりと歌われていたので、よかったと思われます」(46・男性)

「まず曲のチョイスが良かった。推しもカメラに抜かれて嬉しかった」(26・女性)

「披露曲がファンの間ではとても人気のある、メンバーも思い入れがある『きっかけ』だった事が、ホント感動でした」(47・男性)

「いくちゃんの卒業を『きっかけ』でかざり、弾き語りがすごかった」(13・女性)

「生田絵梨花さんの涙と楽曲の美しさ」(63・男性)

12位 布袋寅泰 「さらば青春の光 <紅白SP>」

「BOOWY世代にとって布袋寅泰のギターが聞けるのはうれしい」(47・男性)

「紅白が初出場とは意外でした。かっこ良かったです」(68・女性)

「『キルビル』のテーマにワクワクしちゃった。布袋さん、強面なのにどこか可愛いです」(70・女性)

「『さらば青春の光』のギタープレイが圧巻だった」(68・男性)

「ギターうなる」(71・男性)

「とにかくギターテクニックと音が凄い、バックのバンドの音もだが本当のロックの音を聞いた思いだ」(73・男性)

「意外性があった。華やかさとプロらしさ」(65・男性)

11位 LiSA 「明け星」「炎」

11位 LiSA(公式Twitterより)

「『炎』が聞きたかった。煉獄さーん、ありがとう!」(69・男性)

「鬼滅の刃とのコラボが鳥肌ものでした。カッコよすぎます」(28・女性)

「煉獄杏寿郎がうつったのが本当に本当に嬉しかった。猗窩座にやられた部分ははずし、ファンのための映像だった」(48・女性)

「トップバッターなのに、緊張感が感じられない、見事な歌いっぷりでした。衣装も素敵で、見入りました」(53・男性)

「煉獄さんの映像含めて泣けた」(53・女性)

「アニメって素晴らしいものだと思わせてくれた。この曲で無限列車の感動と、大好きな煉獄さんを思い出させてくれる」(79・女性)

 

この記事の写真(16枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z