昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/18

genre : ライフ, グルメ,

彩りもよい「ミックスかき揚げタイプ」

 3つめが「ミックスかき揚げタイプ」である。これは他の野菜などを同量程度併せてかき揚げにしたタイプで、紅しょうががわき役になっているようなタイプもある。以前はこのタイプが最も多かった。

 大井町線中延駅前すぐにある「大和屋」の「紅しょうが天」は、厚めに輪切りにした長ネギと細切りにした紅しょうがのかき揚げである。こちらも衣少なめで軽めに揚がっており、じわっと梅酢の味が広がっていく。「大和屋」はもともと天ぷら総菜専門店だった経緯もあり、天種が豊富で何を頼むかいつも悩む店である。

大井町線中延駅前の「大和屋」
「大和屋」の「紅しょうが天」は長ネギの輪切りとのミックス天

 京急線に展開する「えきめんや」でも「紅しょうが天」を販売している。こちらは細長めに切った玉ねぎに細切りの紅しょうがを併せてかき揚げにしたタイプで、どちらかというと玉ねぎがメイン。上質なそばつゆに天ぷらがほぐれていくと、紅しょうがの味が広がって絶妙なバランスである。

京急品川駅の「えきめんや」でも「紅しょうが天」は人気のようだ
つゆに溶けて「紅しょうが天」の旨さが華開く
軽く揚がった「紅しょうが天」は味も抜群

 矢口渡の「まる美」の「紅しょうが天」は、さらに細めに切った玉ねぎとのかき揚げである。彩りもなかなかよい。

矢口渡「まる美」の「紅しょうが天」は玉ねぎの細切りとのミックスタイプ
つゆとの味と色のバランスが抜群だ

 日暮里にある「一由そば」では、JKB(ジャンボかき揚げ紅しょうが)というかき揚げ天が今も人気である。他にも京成高砂駅近くの「新角」、高円寺・中落合にある「伊藤松吉商店」でもこのタイプが販売されている。

z