昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

スターと暮らせば

「あんまり調子乗ってる奴いたら、マジやんぞ!」『WATER BOYS2』で中尾明慶とロケバス喧嘩…斉藤祥太・慶太(36)が語る「ヤンチャすぎた10代の頃」

斉藤祥太さん・斉藤慶太さんインタビュー #2

2022/01/22

 ふたり揃って俳優として活躍し、『キッズ・ウォー』シリーズや『WATER BOYS 2』『タッチ』などでブレイクした一卵性双生児の斉藤祥太(36)と慶太(36)。

 現在は芸能の仕事と内装業・電気工事業の両軸で、マイペースな活動をしているという。

 そんな彼らに、共演者と牽制しあっていたという『WATER BOYS 2』の舞台裏、千葉真一や三國連太郎といった共演を果たした大御所の印象などについて、生まれ育った地元である神奈川県鴨居で話を聞いた。(#1〜#3の#2/#1から読む)

左から斉藤慶太さん、斉藤祥太さん

◆ ◆ ◆

中尾明慶とは、ロケバスの後ろでケンカしていた

ーー慶太さんが「なめんじゃねえよ」といきり立っていた現場は、『WATER BOYS 2』(フジテレビ、2004年)ですか。

斉藤慶太氏(以下、慶太) そうです。他の子には舐められたくないという、若さゆえにありがちな。

斉藤祥太氏(以下、祥太) いくつくらいだっけ?

慶太 高2かな。年が上の人も下の人も入り混じっていたし、僕はいい番手で出させてもらっていたこともあって、「あんまり調子乗ってるやついたら、マジやんぞ」ってなってた(笑)。

ーー市原隼人さん、中尾明慶さん、小池徹平さんと、共演者の顔触れが豪華ですよね。

慶太 隼人なんかは、上下関係とかしっかりしてて。意外といい子で。とにかく、生意気で調子に乗っていたのが明慶。中尾明慶(笑)。

 

ーー中尾さんのYouTubeチャンネル『中尾明慶のきつねさーん』に、おふたり揃って出演していますよね。祥太さんも『3年B組金八先生(第6シリーズ)』(TBS、2001~2002年)で中尾さんと共演していますし。

慶太 あいつ、昔はほんとに調子乗ってて、ロケバスの後ろで喧嘩したりしてました。

祥太 明慶、いくつ下だっけ。

慶太 3つか4つ。にもかかわらず、「なんだ、おまえ」とか「おい、そこどけよ」とか言ってくるんですよ。まぁ、『WATER BOYS 2』では共演者の言い合いなんて、そこら中で起きてたんですけどね。それこそ、明慶と隼人も喧嘩してましたし。

ーー小池さんは、どうでしたか。

慶太 当時から、すっごくいい子。

祥太 徹平はね。

 

慶太 撮影が早く終わったら、ちょっと街に繰り出そうぜってなるじゃないですか。徹平ちゃんの場合は、いつ誘っても「俺は台本を覚えるよ」って。で、その後に必ず「気をつけてね」「明日の撮影も頑張ろうね」とか言ってくれるんですよ。徹平ちゃん、すげーなって。

ーー祥太さんは、『金八』でそういったことはありました?

祥太 僕は高1で、明慶も中1か中2でまだいい子だったので(笑)。僕は他の子たちに負けたくないという気持ちはあったかもしれないけど、オラつくような感じではないですね。ふざけて格闘とかはしてましたけど。

z