昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載日の丸女子バレー 東洋の魔女から眞鍋ジャパンまで

「廊下に、聞いたこともないうめき声が」一介の高校教師が日本女子バレー“3冠監督”になるまで

日の丸女子バレー #13

2022/01/29

source : 文藝春秋

genre : スポーツ

 2012年のロンドン五輪で銅メダルに輝いた女子バレーボール日本代表。その監督を務めた眞鍋政義氏(58)が、2016年以来、5年ぶりに日本代表監督に復帰することが決まった。2012年10月22日、眞鍋氏はオンライン会見でこう述べた。

「東京オリンピックで10位という成績にかなりの危機感を抱いている。もし(2024年の)パリ大会に出場できなかったら、バレーボールがマイナーなスポーツになる“緊急事態”であるということで手を挙げさせていただいた」

 女子バレーは2021年の東京五輪で、“初の五輪女性監督”中田久美氏(56)が指揮を執ったが、結果は25年ぶりの予選ラウンド敗退。1勝4敗で全12チーム中、10位に終わった。

 正式種目となった1964年の東京五輪で、記念すべき最初の金メダルに輝き、「東洋の魔女」と呼ばれた日本女子バレー。だが、その道のりは平坦ではなかった。半世紀に及ぶ女子バレーの激闘の歴史を、歴代選手や監督の肉声をもとに描いたスポーツノンフィクション『日の丸女子バレー』(吉井妙子著・2013年刊)を順次公開する。(全44回の13回。肩書、年齢等は発売当時のまま)

◆◆◆

ソ連側の控室から異様な叫び声が

 東京五輪で東洋の魔女が金メダルを獲得した瞬間、日本人の夢と希望、そして願いがぎっしりつまった東京・駒沢体育館は最高潮にヒートアップした。

全日本女子バレーと五輪の歴史は“金メダル”から始まった ©文藝春秋

 東洋の魔女たちは観客の熱い視線を背に、表彰式の準備が整うまで控え室に待機しようと体育館の廊下を歩いているとき、固く閉ざされたソ連の選手控え室から異様な叫び声を漏れ聞いた。

 悲願の金メダルを獲り興奮状態だった、松村好子はその瞬間、頭から冷たいものを浴びせられた気がしたという。

「廊下に、聞いたこともないようなうめき声が届いたんです。それも半端な泣き方じゃなかった。親の臨終にでも立ち会ったような叫び声でした。ソ連にとって試合に負けることは、国家的な屈辱にも等しかったのだと思います。このまま黙ってはいないはず。次の五輪には復讐に似た怨念で向かってくるんじゃないかと思いました」

 同じころ、歓喜の渦巻く駒沢体育館の中でただ1人、冷徹な視線をたたえ、主のいないコートを凝視していた男がいた。東京・三鷹高校の体育教師で32歳の優男(やさおとこ)、山田重雄だった。山田は今しがた見たばかりの東洋の魔女の躍動を反芻しながら、つぶやいた。

「次の五輪の監督は、俺だ」

z