昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載日の丸女子バレー 東洋の魔女から眞鍋ジャパンまで

〈ロンドン五輪の知られざる真相〉竹下佳江が唯一、骨折の事実を打ち明けた選手とは

日の丸女子バレー #2

2021/12/11

 2012年のロンドン五輪で銅メダルに輝いた女子バレーボール日本代表。その監督を務めた眞鍋政義氏(58)が、2016年以来、5年ぶりに日本代表監督に復帰することが決まった。10月22日、眞鍋氏はオンライン会見でこう述べた。

「東京オリンピックで10位という成績にかなりの危機感を抱いている。もし(2024年の)パリ大会に出場できなかったら、バレーボールがマイナーなスポーツになる“緊急事態”であるということで手を挙げさせていただいた」

 女子バレーは2021年の東京五輪で、“初の五輪女性監督”中田久美氏(56)が指揮を執ったが、結果は25年ぶりの予選ラウンド敗退。1勝4敗で全12チーム中、10位に終わった。

 正式種目となった1964年の東京五輪で、記念すべき最初の金メダルに輝き、「東洋の魔女」と呼ばれた日本女子バレー。だが、その道のりは平坦ではなかった。半世紀に及ぶ女子バレーの激闘の歴史を、歴代選手や監督の肉声をもとに描いたスポーツノンフィクション『日の丸女子バレー』(吉井妙子著・2013年刊)を順次公開する。(全44回の2回。肩書、年齢等は発売当時のまま)

◆ ◆ ◆

「全精力を注ぎ込んできたのに、その結果がこれか……」

 眞鍋は竹下が病院に行っている間、1分が1時間のように感じた。もし、竹下がコートに立てなかったら、この3年半やってきたものがすべて白紙に戻ってしまう。眞鍋ジャパンの戦術、戦略、強豪国に負けないスピードは、竹下のトス回しがあって初めて活かされるものだからである。

 病院では最悪の事実が告げられていた。レントゲンを撮ったところ、左人差し指の第1関節付近に綺麗に1本の線が入っていた。亀裂骨折である。

 病院から戻ったドクターに竹下の症状を聞いた眞鍋は、全身から血の気が引いた。

「終わった……。全日本の監督に就任して以来、メダルを獲ることだけに全精力を注ぎ込んできたのに、その結果がこれか……」

 しかし、全日本の指揮官である以上、動揺してはいられない。これまでも数々の難関を潜り抜けてきた。五輪に出場する選手登録の最終締め切り日まであと3日。次の手を打たなければならない。眞鍋のそんな頭の中を見透かしたように、竹下は語気を強めて言った。

ロンドン五輪で3位決定戦に臨む女子バレー日本代表 ©文藝春秋

「私はロンドンを闘いますからね」

 鋭い光をたたえた視線が、真っ直ぐに眞鍋を射る。

「指がどうなっていようと私には関係ありません。コートに立ちます」

 竹下を襲っている骨折の痛みはどれほどひどいものか、眞鍋は想像できた。41歳まで現役を続けた眞鍋は、常に怪我と背中合わせだった。朝起きたときに、身体に痛みを感じない日はなかった。だが骨折まではしたことはない。

 しかも、セッターは指先が命。その指の1本が使えなくなっている。

 竹下の鋭い視線には一点の翳(かげ)りもなかった。むしろ、怪我したことで夜叉(やしや)のような殺気が全身からにじみ出ている。眞鍋は、竹下の五輪に懸(か)ける執念と覚悟に、身震いしそうになった。

 眞鍋は決断した。

「分かった。ロンドン五輪はお前に任せる」

z