文春オンライン

伊藤かずえの初代シーマ、間寛平「GT-R」、ロンブー亮のスタタボ…SNSで紹介された芸能人の“自慢の旧車”23選

2022/02/06

genre : エンタメ, 芸能

note

27年前に購入したあの車が、YouTubeでバズったあのベテラン芸人

 伊藤と同様に、長く乗り続けた愛車が注目されているのがお笑い芸人の間寛平。自身のInstagramや後輩芸人のテンダラー・浜本広晃のYouTubeチャンネル「テンダラー浜本のゆる~く VINTAGE CAR LIFE」などで、27年前に新車で購入した93年式の「ホンダNSX」と、99年式の「日産スカイラインGT-R R34型」を披露している。

YouTube「テンダラー浜本のゆる〜く VINTAGE CAR LIFE」より

 NSXは世界のホンダがポルシェやフェラーリに対抗するため作ったスーパーカー。購入した時点からカスタムをしていないというフルノーマルの希少モデルだ。もう一台のGT-Rも言わずと知れた日本最強のスポーツカー。こちらはGTウィングにカーボンボンネット、オーバーフェンダー、ロールバーなどおよそ800万円をかけたというバリバリのカスタム仕様で、間はこのGT-Rでサーキット走行も楽しんでいるほどの本格派だ。

 テンダラー・浜本自身も「日産スカイライン・ケンメリ」を所有する旧車マニアで、YouTubeチャンネルでは他にも多くの車好き芸能人が紹介されている。

ADVERTISEMENT

ジャルジャル後藤淳平インスタグラムより

 ざっと挙げれば、笑い飯・哲夫の愛車は「3代目 RX-7 FD3S」。ジャルジャル・後藤淳平は「シトロエンAMI8」「70年式アルファロメオGT1300jr.」の2台持ち。モンスターエンジン・西森はAE86」、とろサーモン・村田は「94年式ランドクルーザー78プラド」。旧車とまではいかないもののオール巨人の「BMW Z8」もかなりの希少車だ。

 旧車好きが多い吉本芸人の中でも、このところ特にYouTubeチャンネルでの活動が話題になっているのがロンドンブーツ1号2号の田村亮。自身のYouTubeチャンネル「田村亮のYouTube」では、それまで乗っていたボルボV60を売却して旧車に乗り換える様子を配信している。

YouTube「田村亮のYouTube」より

 亮によれば「若い頃に格好良かったな、と憧れながら手が出なかった車がどんどんなくなっている。今乗っておかないと後悔する」ということらしいが、そんな亮が最初に購入したのは「トヨタEP71スターレットターボ」。通称・スタタボと呼ばれるこの旧車は、80年代から90年代にかけて流行った「ホットハッチ」と呼ばれるジャンルで、亮にとってはまさに青春時代に憧れた1台。

関連記事