昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/03/22

「オリパラ開催できてよかった」

 今朝友人から長いLINEが。

「朝からしとしと雨が降りしきりパラリンピックの陸上選手も大変そう。

 オリンピックの画面と自宅の窓外が同じお天気、というのはもう人生で二度と体験できないと思うと雨ひとつすら感慨深いです。

 オリパラ開催できてよかったと思います。今回初めてパラリンピックを真剣に見ました。コロナ禍で心が折れる日々が続くなか、パラリンピックの選手の奮闘ぶりを見ていると、オリンピックとはまったく質の違う、もっとパーソナルな感動を覚えます。私も一緒に頑張りたい、

 いや、頑張らなくてはという気にさせてもらってます」

「それぞれの障害の中で精一杯、ただただひたすら努力している人たちの祭典である。その正しさと美しさ。現実社会ではいまだ成し得ていない正しさ(フェアネス)がここにはあります」

 私も同意見である。

 この夏、オリパラがなかったら、私たちの生活はどれほど味気なく、つらいものだったか。

z