昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「アイスは食材」「濃厚系の旬は冬」…アイス研究家に聞いた「冬でも食べたいアイスレシピ」11選

2022/02/19

「アイスと言えば夏のものと思っている方も多いようですが、実は、濃厚な味わいにフォーカスすると冬こそが“旬”なんです」と豪語するのは、これまでに5万個以上ものアイスクリームを食べてきた「日本最強アイスマニア」のシズリーナ荒井(本名:荒井健治)氏。

 冬の寒い日に暖かい部屋で食べるアイスの味わいはまたひとしおだが、一体どういうことだろうか――。

◆◆◆

「夏の嗜好品」だけじゃない!寒い時期に楽しむ「冬アイス」

 日本各地でリニューアル商品を含めた新作アイスは、年間1,100個も発売されますが、濃厚系のアイスクリームのほとんどは秋冬(10月~2月)中心に発売されます[※シズリーナ荒井調べ]。言い換えれば、「濃厚系アイスの旬」は冬なのです。

 そもそも、アイスの主原料である牛乳や卵は夏よりも冬に成分が濃厚になる傾向にあります。12月から翌年の1月にかけて乳牛やニワトリが脂肪分を多く蓄えるため、乳脂肪分や栄養価が高まります。その他にも、イチゴやレモンなども冬の方が香りだちや味わいが強くなるそうです。

 今回は、そんな冬でも食べたくなる「アレンジアイスレシピ」をご紹介します!

 

コンビニアイスでなぜか「カフェ感」が!極上スイーツ系アイスアレンジ

■自宅が一瞬でカフェになる!? チョコレートアイスケーキ!!

 

ビスケットサンドチョコレートアイスケーキ

[用意するもの]

・森永製菓「ビスケットサンド」…1個(119ml)

・森永製菓「森永ミルクチョコレート」…1枚 (50g)

【ポイント】オーブントースターを汚さないためにアルミホイルを敷いてからセッティングしてください。このレシピは、「森永ミルクチョコレート」を使用することでキレイに焼き上げることができます。

 

【作り方】「ビスケットサンド」に「森永ミルクチョコレート」を乗せて、アルミホイルを敷いたトースターに入れて、10秒~20秒焼くだけ(加減を見ながらもう少し焼いてもOKです!)。「ビスケットサンド」の上に乗せた「森永ミルクチョコレート」がとろ~んととろけたら完成です。