文春オンライン

「食べることも仕事」だけど「とにかく楽しく食事したい!」 藤澤五月らロコ・ソラーレ選手、“もぐもぐタイム”以外の食へのこだわりとは

活躍の陰にご当地スーパーの後押しが…

2022/03/11

 後日、ロコ・ソラーレが挨拶のためにモシリパを訪れた際、鈴木夕湖(すずきゆうみ)選手が武重さんに話した言葉が、そのパワーを証明しているかもしれない。

「試合当日の食事、美亜さんの応援の気持ちが伝わってきました!」

ロコ・ソラーレの食事づくりに活用された食材とは?

 そして、忘れてはいけない、武重さんの食材の仕入れ先のひとつが、相沢食料百貨店だ。ご近所ということもあったが、選手の体を気遣う食事づくりでは、「地のものを多く揃えて鮮度もよく、体にいいものを扱うスーパー」である同スーパーの存在が大きな助けとなった。

ADVERTISEMENT

 武重さんが相沢食料百貨店で購入し、ロコ・ソラーレの食事づくりに活用されたものを、福間店長に教えてもらった。

 
相沢食料百貨店の手づくりおはぎはあんこも自社製

 まず、季節の鮮魚や野菜。そして、力がでるようにと用意した、「手づくりおはぎ」(2個324円)。このおはぎは、十勝産小豆を自社で炊いた、甘さ控えめのたっぷりのあんこが自慢の商品だ。

 もうひとつのパワーフードは、「サムゲタンキット」(950円)でつくる参鶏湯。

 
薬膳「参鶏湯」を手羽元を用意するだけでつくれるセット

 韓国で滋養強壮の食として昔から食べられている参鶏湯。「薬膳で選手を元気にしたい」と考えていたモシリパの武重さんが、相沢食料百貨店で出会えたのは幸運だった。メーカーの「博淑屋(はくしゅくや)」は愛知にあり、厳選された漢方などをセットにした同商品は、全国でも「こだわり系」のスーパーで扱いがあるのみ。相沢食料百貨店で取り扱いを始めたのは、ちょうどロコ・ソラーレの最初の稚内合宿のころ。

 後日、福間さんが聞いた話では「セット内の高麗人参の薬効成分がドーピング検査に影響を与える可能性があるため、武重さんが調理の際、高麗人参をロコ・ソラーレ仕様に取り除いた」という。

 また、この記事を読めば誰もが興味をもつ「モシリパ」の料理。同スーパーでは、毎週水曜・金曜のみだが、「モシリパサラダ」(380~788円 ※季節によって内容は変化)の入荷がある。

日々、内容が変化する「モシリパサラダ」。この日は色鮮やかな「マンゴー&チキン」

 機会があれば、ロコ・ソラーレの選手の気持ちを追体験してはいかがだろうか。さらに、行かずして稚内の食を自宅で楽しめる通販商品「おうちであいざわセット」も、コロナ禍の今、ありがたい。

 ロコ・ソラーレの「食べることも仕事」「とにかく楽しく食事したい」という願いをかなえた稚内の食は、きっとアスリートのための栄養学に基づき計算されつくした食事では得られない、不思議なパワーを秘めていたに違いない。     

 そしてその力は今、相沢食料百貨店を中心に広がり、ロコ・ソラーレを応援した地元の稚内市民を元気づけているようだ。たとえばZUMBAインストラクターの阿部さんは、オリンピック後、ZUMBA教室において、そのレッスン料をロコ・ソラーレや稚内で合宿する他のカーリング選手のレッスンのために充てているという。稚内の応援の輪は、また次のオリンピックに続いている。

※記事中の価格はすべて、掲載時の税込価格で表示。また掲載商品が店舗に常時あるとは限りませんのでご了承ください。

相沢食料百貨店https://www.aizawafood.com/
北海道稚内市中央3-5-8
TEL 0162-22-5020
OPEN 9:00~19:00
年中無休

 

相沢食料百貨店 通販サイトhttps://aizawa.official.ec/categories/2501855

 

インストラクター阿部佳奈子さん ブログhttps://ameblo.jp/s2omo/

 

ゲストハウス「モシリパ」https://moshiripa.com/
北海道稚内市中央2-9-5
TEL 0162-73-0270
10月からG.W.は冬季休業

「食べることも仕事」だけど「とにかく楽しく食事したい!」 藤澤五月らロコ・ソラーレ選手、“もぐもぐタイム”以外の食へのこだわりとは

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事