昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/04/07

「たとえば以前であれば、オイルと水をつぎ足しながら維持する、といったことは当たり前でした。しかし今の車からすると、そんなことはありえないわけです。どこかから空気が入ってきて音が出るとか、当時では当たり前だったところにもチェックが入るので、厳しいこともありますね」(新明工業技術部部長)

工程について打ち合わせるKINTO布川氏と新明工業技術部部長

 現在の「普通」に照準を合わせる難しさは、旧車レンタカーという形態に特有の悩みなのかもしれない。

取材中に車両のトラブルが発生!

 取材中、レビンのエンジンからの水漏れが発覚。報告を受けた石川氏は「うそぉ。ほんじゃあかんがや」と反応するが、そのトーンには一切焦りの色はない。イレギュラーな事態も、長年の経験からすれば「あるある」に過ぎないかのようだ。

「エンジンヘッドとエンジンブロックの間から水が漏れているんですね。パッキンを外して、ブロックとヘッドを結合しているボルトを抜いて、これから直していきます」(同前)

カバーを開いた状態のエンジン

 技術部部長にそう説明を受ける筆者の目の前で、石川氏は漫談のような調子で作業担当者とコミュニケーションを取っている。けれどもエンジンルームに向けられた視線には、職人特有の鋭い光が宿る。それを見ながら、技術部部長は「死にそうにないでしょ」と筆者に耳打ちする。

車両状態を確認しながら整備士とコミュニケーションを取る石川氏

 KINTOの旧車レンタルは、さしあたりこの新明工業を発着点として展開される。ユーザーにとっては、借りる車両への期待はもちろん、「へんなじじい」を中心とする職人集団に触れることも、楽しみのひとつになるのかもしれない。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(33枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z