昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「出刃包丁を見せつけるんや!」父親の暴力、妻のモラハラ…自殺の原因を“鬼退治”する元警察官による「自殺直前保護」

東尋坊 #2

genre : ニュース, 社会

「私が副署長を務めていた2003年の1年間で、東尋坊では21人もの変死体が発見され、80人近い自殺未遂の人を保護しました」

 当時、東尋坊を管轄する三国警察署の副署長だった茂幸雄さん(78)は、そこで「自殺の実態」を目の当たりにした。在職中にNPO法人「心に響く文集・編集局」を立ち上げ、退職後の2004年から現在に至るまで、東尋坊での見回り活動をし、自殺しようとする人を保護している。

 現在のメンバーは12人。茂さんと同じ元警察官から新聞配達員や元教師、農家とさまざまな立場の人が活動に共感し、集まった。一日に複数回、東尋坊を見回って、自殺企図者に声をかけている。「みんなの平均年齢は70歳くらいです。18年も続けているからみんな年を取ってしもた」と茂さんは笑う。(全3回の2回目/#1#3を読む)

NPO法人「心に響く文集・編集局」の茂幸雄さん

家庭の問題にも入り込んで“鬼退治”

 同NPO法人によると、東尋坊ではNPO法人を立ち上げるまでは毎年20~30人が自殺していたが、活動開始後は10数人に減少。2021年の自殺者数は8人と初めて10人を切ったという。茂さんたちが声をかけてきた人の累計は2022年3月22日現在で、755人にも及ぶ。

 しかし、茂さんたちの活動は保護にとどまらない。自殺に思い至った問題を根本から解決するべく、相談者の了解さえあれば家庭の問題などプライベートな領域にも深く入り込んでいくのだ。

「根本から問題を解決しないと、一度保護してもまた自殺しようとしてしまう。自殺を減らすためには“鬼退治”をせんといかん」

 副署長時代に声をかけて一度は自殺をとどまらせた老カップルが、別の場所で自殺してしまったことで、こうした思いを深くしたという。

東尋坊 ©文藝春秋

 2010年頃、こんなことがあった。

 東尋坊で、ワンカップ酒をあおっている50代くらいの中年男性がいた。心配になった茂さんらが見守っていたら、男性が突如飛び降りようとしたため、止めに入った。どうしたんだと声をかける茂さんらに、「俺の悩みなんて誰も解決できない!」と男性は抵抗。その場で大喧嘩になったという。

 事情を聞くと、自殺の動機は男性の妻にあるという。男性は土木作業員で天気が悪いと仕事がない。仕事が休みになると、日中から酒を飲んでいた。その男性の姿に苛立った妻は次第にキツイ言葉をなげかけるようになり、暴力をふるうことも増えていった。

z