昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/04/03

ーーすでにブレイクを経験したベテランのルーさんが、年下のマネージャーさんからそのように意見されて、すんなりと乗っかることはできましたか。 

ルー いや、やっぱり抵抗みたいのはありましたよ。ただ、これからどうしたらいいのかという状況ではあったんでね。 

増田 僕はまず「売れたいですか」「売れたくないんですか」を聞いたんです。それでルーさんは「売れたい」と。なら、100パーセントの保証はできないけど、僕のアドバイスに基づいてやってみましょうって。 

ルー こればかりは、動物的な直感と運命だったと思ってる。正直、当時の私はビジョンが涸れてたんですよ。

 増田は実際にディレクターとプロデューサーをやってた時期もあるから、マネージャーオンリーの頭じゃないんだよね。ならば彼と一緒にチャレンジして、新しいルー大柴でやっていこうと。もう、ほんと新人になってやり直す気持ちだったよね。 

ーー2008年に増田さんと一緒に浅井企画を離れますけど、それもあっての独立だったと。 

ルー もう運命共同体というかね。だから、そこは腹をくくる、いや、ストマックくくりましたね。 

使うのは、中学生レベルの「イージーな英語」

ーーそういえば、今日は思ったほどルー語が炸裂していない気がするのですが。やっぱり、意識して話されるのって大変なのでしょうか? 

ルー ちょっと、ウェイト! 喋りますよ。バカもホリデーホリデーにしてよ。今日は真面目な取材って聞いてたからね。 

 

ーー「藪からスティック」「寝耳にウォーター」「ポテト焼酎」といった定番のワードもありますが、瞬時に英語に変換して、さらに日本語と合体させるのは、なかなか難しいのではないかなとは思っていたんです。 

ルー 変換か。まぁ、使うのは中学2年生あたりで習うくらいのイージーな英語ですから。それをちょくちょく入れてくだけだし。それから、ブログを書いてて「あれ、これなんだっけ?」ってなったら、素直に辞書を引いてますから。それを15年やってます。 

ーー実際のところ、ルーさんの英語力はネイティブスピーカーのレベルにあるのですか? 

ルー ネイティブというよりも、ブリティッシュ。イギリスで英語を学んだから。 

増田 ちっとも答えになってない。ぜんぜん、ネイティブのレベルにはないです。 

ルー ただ、3ヶ月とか6ヶ月とか外国に行って日本語を喋らずにいたら、またヨーロッパを周ってた頃くらいに戻るかもしれない。そういうのってあるじゃない。 

z