昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《志村けんさん3回忌》「お前、何ガンつけてんだ。俺をにらんでたろ?」志村けんの愛弟子が『バカ殿』の現場で遭遇した“洗礼”

『我が師・志村けん 僕が「笑いの王様」から学んだこと』#4

「志村さんの付き人時代のお話や、教えていただいたことを自分の言葉で伝えるというのが僕のここ十年来の夢でした。その夢は新聞のコラムや書籍、ドキュメンタリー番組というかたちで叶いましたが、皮肉にもそれらはすべて志村さんが亡くなったことで僕に来たお仕事でした。今も志村さんの名前をお借りしているままなので申し訳なさの気持ちの方が大きいですが、その芸に対する厳しい姿を責任を持って語り継いでいきたいです」

乾き亭げそ太郎さんの家には志村けんさんの祭壇がいまも飾られている

 2020年3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさん(享年70)。昭和、平成、令和とお茶の間を笑わせ続けた“笑いの神様”志村さんの傍に7年間365日ずっと付き添っていたのが、付き人兼運転手だった乾き亭げそ太郎氏(51)だ。現在は故郷で鹿児島テレビ(KTS)のタレントとして活躍する氏は、志村さんの3回忌を前に以下のように想いを語った。

「最期の別れをできなかったせいか、今も現実味がないのが正直な気持ちです。ただ、街で番組のロケをしていると、僕にアイーンをしてくる志村さんのファンの方が多くいて、日本中の方に愛された偉大な師匠だったと改めて思います。特に周りに気を配ることに厳しい師匠でしたが、志村さんのもとを離れたら、それがすべて自分への優しさだったということが身に染みてわかります。相手が何をしたいのか、それを先取りすることは芸に繋がります。まだまだ志村さんのことを知りたい方がたくさんいるので、僕の知っている志村さんを皆さんにお伝えしていきたいと思っています」

 笑いの神様は今も皆の心の中で思い出とともに生き続けている。志村けんさんの知られざる私生活から笑いの哲学、師匠と弟子の秘話を収録した記事を再公開する。(初出:2021年3月28日 年齢、肩書等は当時のまま)

◆◆◆

 急逝した“笑いの王様”のプライベートの素顔とは――。昨年3月29日、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったお笑いタレントの志村けんさん(享年70)。その志村さんの傍らに7年間365日ずっと付き添っていたのが、付き人兼ドライバーだった乾き亭げそ太郎氏(50)だ。

 現在は故郷・鹿児島でレポーターとして活躍するげそ太郎氏が、一周忌を前に、著書『我が師・志村けん 僕が「笑いの王様」から学んだこと』(集英社インターナショナル)を刊行した。志村さんの知られざる私生活から笑いの哲学まで秘話が詰まった一冊から、一部を抜粋して公開する。(全3回の1回め/#5#6を読む)

『バカ殿様』では「メガネを掛けた家来」役で出演していたげそ太郎さん(中央奥、筆者提供)

◆◆◆

なぜ志村さんは赤信号のたびにお辞儀していたのか?

 運転手として採用された僕はまず、志村さんの自宅近くに引っ越しました。

 当時、志村さんが所有していた車は2台。ベンツのリムジンと、キャンピングカーです。僕が運転するのはたいていリムジンで、これは車長が7メートルほどもあり、もちろん左ハンドルです。そんな車で都内の道を運転するのかと思うと、かなり怖かった。しかも後部座席には志村さんが乗るのです。

 最初は先輩のOさんに付いてもらって、道を教わりながら慎重に運転しました。リムジンにもキャンピングカーにもカーナビは付いていませんでしたから、とにかく道を覚えることに集中しなければいけません。

 しかし、後部座席の志村さんがどうしても気になってしまう僕。バックミラーをチラチラ見ながら運転していると、志村さんは赤信号で止まるたびに道行く人にお辞儀をしています。

「すごいなあ。志村さんは大スターなのに、いろいろな人にお辞儀しているんだ……」

 ものすごく感心した僕は、たまたま二人で食事をすることになったとき、おそるおそる聞いてみました。

「志村さんは本当にすごいですね」

「何が」

「いや、信号で止まるたびに道行く人にお辞儀しているのは、すごいと思います」

「バカヤロー、あれはお前がブレーキを強く踏むからだろ!」

 そうなんです。志村さんがお辞儀しているように見えたのは、僕が緊張しまくってブレーキを強く踏んでいたからだったのです。

 志村さんはおそらく、「もう少しソフトに踏めよ」と思っていたはずです。しかし、何も言いませんでした。僕が極度に緊張していることを見てとって、強すぎるブレーキングを我慢してくれていたのでしょう。

『志村けんのだいじょうぶだぁ』の収録現場で ©️文藝春秋

「申し訳ありません! 擦ってしまいました!」

 巨大なリムジンを運転しながら一番気を使ったのは、傷をつけないことでした。ところが付き人になってから3ヵ月ほどが過ぎたある日、やってしまいました。志村さんを降ろしたあとにドアのところを擦り、大きな傷をつけてしまったのです。

 その瞬間、血の気が引くのを感じました。何とかごまかせないか? チラリと考えましたが、やっぱり正直にあやまるしかありません。お酒を飲んで戻ってきた志村さんに、僕は頭を下げました。

「申し訳ありません! 擦ってしまいました!」

 すると志村さんはひとことだけ、

「おお、まあ仕方ねえな」

 あのときなぜ怒られなかったのか。理由を聞いたことはありませんが、慣れない僕を大目に見てくれたのだと思います。