昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

きっかけは職員の投書! ユニクロが“病院内”に初出店。ならではの商品も…背景に「新しい病院の在り方」

source : 提携メディア

genre : ニュース, 企業, 医療, 社会

 

病院内にある店舗と言えば、コンビニやレストラン、カフェなどが一般的だろう。
こうした中、ユニクロが3月16日、東京都内の病院内に店舗をオープンした。場所は東京都済生会中央病院(港区)の1階で、店舗名は「ユニクロ 済生会中央病院店」。

医療施設の中に、ユニクロが出店するのはこれが初めてとのことだ。

「ユニクロ 済生会中央病院店」(提供:東京都済生会中央病院)

売場面積が13坪と限られるため、店頭に並べる商品数は絞り込んでいるが、ユニクロオンラインストアの「店舗受取りサービス」などを利用すると、店舗にない商品も含めたフルラインナップから、必要な商品を購入できる。

ユニクロは、「来院された方や入院中の患者様、医療従事者の方々に、必要な服を、必要な時にお届けすることを目指す」としている。

きっかけは「済生会中央病院からの要望」

病院から出ることなく、着替えなどの衣服を購入できるのは確かに便利だ。

病院内にユニクロが出店するのはこれが初めてなのだが、どのようなきっかけがあったのか? また、病院内の店舗ならではの特徴やこだわりはあるのか?

まずは、ユニクロを展開する「ファーストリテイリング」の担当者に話を聞いた。


――病院内への出店を決めたきっかけは?

済生会中央病院から、ご要望をいただいたことをきっかけに出店の検討を始めました。

入院中の患者の方から、お求めやすい価格で様々な年代の方が着用できる服の根強い需要があったことや、コロナ禍の面会禁止によって、患者の皆さんが着替えを入手しにくくなったことなど、病院内で服を購入したいというニーズが、さらに拡大していることを受け、出店を決めました。

職員の皆様からも、「不定期な勤務時間の合間に買い物ができると便利になる」という期待の声をいただいています。


――病院内に出店することは、通常の百貨店などへの出店と比べて、どのような点で違いがあった?

売場面積が13坪と限られるため、店頭に並べる商品数を絞り込んでいます。ただし、店頭に無い商品も、ユニクロオンラインストアをご案内し、フルラインナップからお選びいただけます。

午前10時までにご注文いただき、受け取り場所を済生会中央病院店に指定いただけば、最短で当日中にお渡しできるサービスなども展開しています。


――病院内に出店するうえで、こだわった点は?

通路幅は、車いすに乗ったままでも通れる広さを確保しています。また、「お会計用のレジ」と「オンラインストアで注文した商品を受け取るための窓口」が並んだカウンターを設置しています。

このカウンターは、無機質な印象にならないよう、木を使ったデザインを採用しており、車いすのまま、カウンターで接客を受けられるよう、カウンターの下部を一部、掘り込んであります。

z