昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『カムカム』“キレの良い店”の森岡役・おいでやす小田が告白 「ツッコミはオダギリさんとのアドリブです」

#1

 4月8日(金)に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)。京都編で大月一家が暮らすあかね通り商店街に店を構える森岡酒店の店主・森岡新平を演じたおいでやす小田(43)が「週刊文春」の取材に応じ、初の朝ドラ出演の反響や撮影の舞台裏、作品への思いを明かした(全2回の1回目、後編へ続く)。

◆◆◆

カムカム出演「ドッキリか? いやほんまか?」

 おいでやす小田は1978年7月25日生まれ、京都府京都市出身。2001年からコンビで漫才をはじめ、2008年以降はピン芸人として活動。2016年から5年連続で「R-1ぐらんぷり」(現・R-1グランプリ)決勝の舞台に立つ。2020年の「M-1グランプリ」ではピン芸人のこがけんと「おいでやすこが」を組み、ユニットとして大会史上初の決勝戦に進出し準優勝する。2017年、京都府文化観光観光大使に就任。

NHK公式インスタグラムより

――出演のお話が来た時のご心境はいかがでしたか?

 僕、2021年の年間でドッキリかけられた回数が全タレントの中で1位やったんですよ。だからそら、まずは信じないですよね。現場行くまでの2~3週間は「ドッキリか? いやほんまか?」ってずっと悶々としていました。ほんまもったいないんですけど、僕ってどの仕事でもそうなんですよ。すぐに手放しで喜べへん。でも、京都の家族、奥さん、吉本の社員さん、みんなほんまに喜んでくれてました。朝ドラの影響力は違うなって思いましたね。

 撮影現場に入って商店街のセットをみてようやく、「わーほんまに出演するんや」と実感しました。でもテンパっていたというか、細かいところを見る余裕があまりなかった。だから、衣装のエプロンに「キレの良い店」って入れてくれてはったのも、初めは全然気づかんくて。

――小田さんの“キレ芸”、もしくは“キレのあるツッコミ”のことなんでしょうか?

 なんも説明は受けてないんですよ(笑)。多分そうやと思うんですけど。劇中でも大声でツッコミをさせてもらってましたけど、あれ、ほとんど台本には書いてないんですよ。オダギリジョーさん(大月錠一郎/ジョー役)とのアドリブなんです。