昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「3回攻撃にあって気を失った」地元TV局社長が明かす被害の実態 市民が呼吸不全…化学兵器サリン使用か

source : 提携メディア

genre : ニュース, 国際

 

これは、ウクライナ側が公開した映像。

 

ベッドに横たわり、「呼吸不全」などの症状を訴える人の姿が。現地メディアは、「化学兵器サリンの可能性がある」と報じています。
めざまし8は、現地テレビ局の社長を取材。情報が錯綜し、混乱する状況が見えてきました。

化学兵器サリン使用?地元TV局社長語る「犠牲者2万人より多い」

 

マリウポリTV社長 ニコライさん:
子供や女性、男性などのたくさんの死体が通りに並んでいました。犠牲者は2万人よりもっともっと多いと思います。

 

これは、ニコライさんがSNSに投稿した映像。ウクライナ南東部のマリウポリでは、多くの建物が破壊され、道路にはがれきが散乱し、歩いている人は1人もいません。

 

攻撃を受けたとみられる病院。医療器具などは残っていますが、診療は行われていないようです。

そんな状況下で、マリウポリ市民を苦しめているのが“食料不足”です。

マリウポリTV社長 ニコライさん:
ロシア軍はわずかな食料と水を市民に与え、その際に『あなたがロシアに向かうならば、外に出ることができる』と言って誘い出し、ロシアに連れて行きます。

化学兵器サリン使用?市民が呼吸不全

さらに、ロシア軍の激しい攻撃で2万人以上の市民が死亡したとの見方もあります。マリウポリでは、化学兵器が使われた可能性が浮上しました。

 
 

これは、4月13日、町を防衛するアゾフ大隊が公開した映像。ベッドで苦しげに横たわる、男女が映っています。

女性:
3回攻撃にあって気を失いました。

男性:
爆発音が聞こえて確認しに行ったら煙のようなものが見えました。ガスマスクをつけたけど、とても気分が悪くなって息苦しかった。

彼らには呼吸困難のほか、血圧上昇などの症状が見られるといいます。
一体、何が起きたのでしょうか。

 

アゾフ大隊のTelegram:
ロシア軍が無人機でマリウポリに正体不明の有毒物質を投下した。

アゾフ大隊は、多くの人が、呼吸不全などの症状を示していたとして、ロシア軍が化学兵器を使ったと主張。